トップページ | 2006年11月 »

2006年10月12日 (木)

料理は理を料るもの

 BSデジタル放送が見れるようになり、楽しみにしていた「Iron Chef America」を見ることができた。
 しかし、日本のスタッフも製作に協力しているという番組であるにもかかわらず、何故か日本の「料理の鉄人」の時ほど、料理が美味しそうに思えなかった。

 原因を色々考えてみたが、料理を作る過程に問題があるのではないかという結論にたどり着いた。
 言い方は悪いが、鉄人も挑戦者もやっていることは料理ではなく、作業だったように見えた。美味しいものを作るよりも、制限時間内に料理を作るという方に比重を傾けていたのではないだろうか。

 話は変わるが、「イシバシ・レシピ」という料理番組、レシピをまとめた本を出せばそこそこ売れると思うのだが、出しているのはDVDだけである。
 何故かと考えたが、ふと思い浮かんだ。料理は食べるだけでなくその過程も大事なのだと言いたいのではないだろうか?
 「イシバシ・レシピ」に登場した料理人の料理は別腹を除き、過程では再現できないものが基本である。「イシバシ・レシピ」がDVDにしてまで見せたいのは、完成した料理やレシピではなく、料理をしている所なのではないだろうか。
 また、「テレビから匂いが出ればいい」という言葉ではないが、少なくともDVDは「音」を再現している。話は飛躍するが、料理は味覚ではなく五感をフルに使って味わうものだという信念があり、せめて聴覚で料理を味わってもらおうという思いがDVDという形にしているのではないだろうか。

 タイトルの「料理は理を料るもの」というのはかの北大路魯山人の言葉であるが、この話のタイトルにこの言葉が漠然と浮かんだ。
 「料理を見ればその国が分かる」と言ったのが誰であったか思い出せないが、料理番組を見比べただけで、文化や習慣の違いは表出してしまうものである。
 とりあえず、料理を芸術の域まで高めた先人たちの努力を思いながら、こえからもテレビに出て来る美味しそうな料理を視覚と聴覚で味わうとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

誰がためのランキング

 「今夜決定!史上最強のアニメランキングベスト100」のどこが史上最強だったのだろうか?
 ランキング決定方式からして意味不明である。アニメ通の芸能人が持ち点100を好きなだけ配分とあるが、これでは50人が2点入れたのと1人が100点入れたのが同等に扱われるということにならないか? それとも、日常的にこのような世論調査をしているから、そんなことは気にもならないのだろうか?
 そもそも、アニメ通というのはどのぐらいのレベルなんだろうか? まさかと思うが、キャッチボールをした程度で野球の経験がありますというレベルでは…。

 で、こんなランキングを決めて誰が喜ぶんだろうか?
 最新のアニメが入らないことでアニメファンからはそっぽを向かれているだろうし、一般人が見ても中途半端に最近のアニメが盛り込まれているためにオタク向けだと思い見ることはないだろう。
 そういうことも分からないのだろうか?(分かっていたらこんな番組は作らないか)

 結局、こういうスタンスがテレビをダメにしているんじゃないだろうか?
 どうせ、視聴率が取れないのなら一度マニアも納得するようなランキングを作って自爆した方が後で何かいいこともあるだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

ウルトラの星に祈りを込めて

 子供の頃、「ウルトラマンZOFFY」という映画のビデオを繰り返し見ていた。
 ラストはウルトラ6兄弟VSテンペラー星人の決戦であった。
 しかし、子供心にこの映画のラストシーンは悲しかった。テンペラー星人を倒したウルトラ兄弟はタロウを残しウルトラの国へ帰っていったからだ。

 時は流れ、先日公開された「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」のラストシーンは本部に戻るミライを見送る人間姿のウルトラ兄弟であった。
 そう、彼らは地球に残ってくれたのだ。子供の頃に感じた悲しさはそこにはなかった。

 映画を見てからしばらく経つが、今もウルトラ兄弟が地球に留まり人知れず人間を見守っていると思うと、映画を見た直後とは違う感動が溢れてくるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »