« さらば、愛しくもない中川翔子 | トップページ | 今、エヴァを語る 弐 »

2007年9月 3日 (月)

今、エヴァを語る 壱

 9月1日から新作劇場版が公開された「新世紀エヴァンゲリオン」だが、自分の中でこの作品はあまりにも大きすぎて特別である。陳腐すぎる言い方になってしまうが、まさに「神」と呼ぶに相応しい作品である。
 どのぐらいエヴァを特別視してるかといえば、カラオケに行っても恐れ多くて「残酷な天使のテーゼ」を歌おうとは1度も考えられないほどである。他のアニソンは割りと平気で歌えるのに。

 「新世紀エヴァンゲリオン」との出会いはテレビ画面ではなく、某アニメ誌であった。
 エヴァが放送されるまでのアニメ1番人気は「新機動戦記ガンダムW」だった。その某アニメ誌の人気投票でもデュオが1位だったのだから間違いない。ところが、ある時期から見慣れないキャラが上位に進出するようになり、並行して、アニメ誌でも大々的な特集が組まれるようになった。
 明らかに、何かが動き出していたのだ。自分の感知できないところで…。

 

|

« さらば、愛しくもない中川翔子 | トップページ | 今、エヴァを語る 弐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/16325437

この記事へのトラックバック一覧です: 今、エヴァを語る 壱:

« さらば、愛しくもない中川翔子 | トップページ | 今、エヴァを語る 弐 »