« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月 1日 (火)

アキバよさらば

 あけましておめでとうございます。

 唐突ではあるが、紅白のアキバ枠はどの辺りがアキバだったのだろうか。
 オタクのオレには理解できなかったが、アレが世間で言うところのアキバなのだろうか?

 今のオタクにアキバは必要なのだろうか?
 ハヤテのごとくの幽霊神父さんは「アキバは買い物をするところなんだ」と力説していたが、買い物をするだけならわざわざアキバまでいく必要はない。アキバ以外の街でも用は足りるし、その気になれば家にいても買い物はできる。

 本来のアキバはオタクが用を足すのに便利だったのが始まりのはずである。しかし、オタクをアキバ系という言葉で言い換えるようになって何かが変わりつつある気がする。
 つまり、オタクがオタク的な行動(?)をするためにアキバに通っていたはずが、アキバにいる人間はすべてオタクとして括られているのではないか?

 某マンガの台詞を借りれば、「アキバがオタクを左右するのではない、オタクがアキバを左右するのだ!」という感じだろうか?

 オタクを縛り付けるような聖地ならば、そんなものは必要ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »