« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

漢の魂じゃない方のドリル

 という訳で、「ヘキサゴンドリル」。
 年末に手に入れようと思ったらどこの本屋も売り切れ。で、思い出した頃に本屋に積まれていたので購入。
 まぁ、全問解いたわけではないが、流し見する限り、1問1点で50問のペーパーテスト、普通の(?)人なら30点前後に落ち着くような問題だと思う。
 おバカ軍団の皆様はよくも1ケタ台の点が取れるものである。

 で、1問だけ気になった問題、「【四月一日】漢字でこのように書く名字は一般的に何と読むでしょう?」
 これを瞬間的に正解の「ワタヌキ」で読める人間は3種類しか存在しないと断言していいだろう。
 まず、自分を含めて身近に四月一日さんがいるという人。次に、変わった名字を調べるのが大好きで知っていた人間。そして、最後がマンガ(アニメ)の「xxxHOLiC」(ツバサの方でもいいけど)を知っている人間である。
 要するに、これは一般常識問題の皮を被ったマンガの問題といった方が正確なのである。これの他にも有名マンガの作者名を答えさせる問題も存在するので、間違ってはいないはずだ。

 ところで、ヘキサゴン本編のリレークイズで出された、「銅と錫(すず)の合金を青銅というが、英語で言うと何?」という問題、あのつるの剛士さんはその答えが「ブロンズ」であるということを知っていた。何故なら「聖闘士星矢」を読んでいたからだ。青銅聖闘士と書いてブロンズセイントと読むことを知ってれば、答えれる問題だったのである。多分、その気になれば絶対零度という解答の問題も答えれるはずである。
 っていうか、自分自身も理科で習うよりも先にカミュ先生から絶対零度の何たるかを学んでいたのである。あと矛盾という故事成語も国語で習うよりも先に紫龍が聖衣で実演してくれたものである。

 オタクは自分に興味のある知識しか持ち合わせてないという偏見を持ってる人間がいたら、それは大間違いである。
 興味のある知識を入れれば入れるほど、興味のないはずの知識もガンガン入ってくるのである。だから、気がつくとクイズや雑学に滅法強くなっていたりする。
 先ほどの「聖闘士星矢」一つをとっても、ギリシア神話に始まり、星座、故事成語、人間の五感、七つの海の内訳(七つの海という言葉は知ってても七つ全て言える人間は逆に少ないのではないだろうか?)など、星矢本編とは関係ない知識が大量に身についてしまう。
 
 マンガでこれなのだから、それよりも情報量の多い活字の本を読めばどういうことになるか。
 そういう意味で、本を読めというのは間違っていないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

神々の熱き戦い

 余りにも神、神連呼しすぎて、仕舞いには「お前の神は何人おるんや」とテレビで言われたタレントがいる世の中である。
 素晴らしい物を表現する時に神という言葉は良く使われるが、神という言葉はある種の負けを意味していると思う。要するに、自分の好きな物の魅力を説明できていないからだ。神と言えば、それで終わりなのである。
 それに、トランプで言えば、ジョーカーに例えるのが近いだろうか? ストレートフラッシュの一部になるジョーカーもいれば、最弱のワンペアの一部にしかなれないジョーカーも同じカードなのである。先ほど例に出したタレントが口にする神など、チェーンソーでバラバラになる神以下の価値しかない。
 十戒の「汝、みだりに神の名を口にすることなかれ」は間違っていなかったようだ。

 しかし、それでも神としか形容できないほど自分の中で大きな存在はそれでも存在する。
 何年も前の話であるが、東京の中華料理屋でバイトをしていた頃、お客の男性が、見覚えのある怪獣の写真を整理していた。怪獣マニアの自分にはそれが、一部で有名な「プルガサリ」であるのはすぐに分かったので、思わず、「あっ、プルガサリですか」と声を掛けると、その男性は「よく知ってるね」と返事をして下さった。
 既に、恐れ多くて文末が敬語になっているが、よくよくその男性の顔を見れば、平成VSシリーズでゴジラの中に入っておられた、薩摩剣八郎さんその人だったのである。そのことにすぐに気付かないとは、二十数年に及ぶ怪獣マニア歴が一瞬で崩れ去るほどのミスである。
 もっとも、言い訳をすれば、そんな方が身近にいるとは夢にも思わなかったし。

 だが、不思議と感動はなかった。
 痛みが凄すぎると脳内麻薬だかが分泌されて痛みを感じなくなるように、感動も度を越えると何も感じなくなってしまうものらしい。
 結局、その後、薩摩さんとは店員とお客さんとしての普通の会話をしただけで、「薩摩さんのゴジラ見て育ちました」なんて言葉を口にすることはなかった。

 こうやって思い出してるだけでも、背筋がゾクゾクとしてくる。
 そういう経験をしてる以上、気軽に神を安売りできる人間は絶対に信用できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

あなたが選ぶスポーツ名場面100選

 日曜日の番組だが、どうも釈然としない内容だった。
 夏川純が余計だったとかではなく、ここ最近の出来事ばかりが上位を占めていたからだ。まぁ、音楽番組で似たようなランキングを作ってもそうなるのだから仕方がないといえば仕方がない。最新のデータが反映されないのはアニメ関係のランキングぐらいである(笑)。

 ビビる大木さんが熱弁していたプロレスが入ってないのは仕方ないといえば仕方ないだろう。アレはスポーツかショーかと言われたら間違いなく後者だ(だからといってプロレスがダメだとまでいう気はないが)。
 だとしたら、フィギィアスケートはスポーツなのだろうか? フィギィア関係の出来事も多数ランクインしていたが、アレも純粋にスポーツと呼べるだろうか? 前々から思うが、スポーツというよりも芸術の方にカテゴライズしてもおかしくないのではないだろうか?

 極端な話、このようなランキングはアカデミー賞の各賞を廃止して、映画関係者全体で誰が一番素晴らしかったでしょう? と、言ってるようなものである。まぁ、俳優が圧倒的に有利な気はするが。
 それに、上位に多くランクインした最近の出来事、10年後に同じことをして果たして、どのぐらいの数が上位に踏みとどまっているだろうか? それと同時に、長嶋の引退や王のホームラン世界記録の瞬間はスポーツの名場面ではなく、日本史の出来事になっているだろう。

 打開策は二つ。
 一つ目は、アカデミー賞を例に出したが、何でもいいから細かい部門に分けること。スポーツでも年代でもいいから総合ランキングなんてモノにこだわらないようにする。
 二つ目は、視聴者投票でなく、限られた人間の会議によってランキングを作成する方法。談合と呼ばれるかもしれないが、信用に値する人間の決めたランキングなら、それなりに見ごたえのあるものになっているはずである。
 別に、これはスポーツに限ったことではない。特に、歴代アニメランキングと謳っておきながら、毎回毎回似たようなランキングばかりしか作れない連中は肝に銘ずべきである。

 ちなみに、個人的にはこのようなランキング付けは好きではない。というよりも、順番が付けれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

5度目のベロクロン

 放送は大分前になるが、「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」に我がミサイル超獣ベロクロンが登場した。
 が、メビウスに登場した時ほど感慨深くない。そもそも超獣の癖に格下の怪獣にあっさりと負けやがって。
 まぁ、タロウに登場した改造ベロクロン2世みたいなものなのだろう。気ぐるみの使いまわしという点では似たような条件なんだし。

 どうでもいいが、「ウルトラギャラクシー」に物語は必要だったのだろうか?
 怪獣同士の戦いが見たいというのは怪獣マニア共通の想いではあるが、物語の中でそれを見るべきなのだろうか?
 極端に言えば、プロレスではなく、ガチンコファイトが見たいのである。
 例えば、レッドキングとゴモラが闘うのに理由が必要だろうか? 怪獣マニアが望んでいた一戦である、マッチメイクするだけでそこに物語は自然と生まれてくる。
 本家のガチンコファイトであるところのK-1などにそのような劇的なマッチメイクが最近感じられないが、怪獣たちにはまだ無限のマッチメイクが残されているのである。
 アメリカで人気番組だというCGで再現した動物同士を戦わせる番組、アレの怪獣版が見たいのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

本当に冷たい事件

 27年前の殺人容疑で三浦和義元社長がアメリカで逮捕された。
 「コールド・ケース」というアメリカドラマ(ぶっちゃけ日本でインスパイアされた時効警察みたいなもの)を知ってれば、別に不思議な話でもないだろう。ドラマといえば、超常現象専門部署と思われがちなXファイル課も元を正せば未解決事件の専門捜査部署である。
 そして、CSIシリーズを見てれば、科学捜査が物凄く微小な証拠から犯人を突き止めるということも、またその科学捜査の技術が進歩しているということも理解できるだろう。
 要するに、アメリカではドラマになるような捜査や事件の対象に偶然、日本人が該当したのが今回の事件だったのだろう。

 しかし、今回の事件のテレビ報道を見た多くの日本人が気にしていることは、かつて事件を担当した弁護士の頭の方ではないだろうか?

 物凄くどうでもいい話だが、ロス疑惑が報じられていた頃の子供心には、三浦和義と三浦友和の区別ができていなかった。
 おそらく、記憶の中にある最も古いワイドショーネタがこのロス疑惑なのである。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

王子死して、王子生まれる

 事実は小説よりも奇なりとはよく言うが、実際に目の当たりにしたといえば、トリノ五輪の荒川静香さんの金メダルが記憶に新しい。
 ちょうど、トリノ五輪を意識して「銀盤カレイドスコープ」というアニメが放送されていたが、主人公はメダルにかすりもしなかった(でも、観客の反応は1番良かったというオチ)。

 そして、今、テニス界に錦織圭という本物の王子様が満を持して降臨した。
 それと同時に、マンガのテニスの王子様も終わりが近付いている雰囲気なのだから驚きだ。別にテニプリは真面目に読んでるわけでもないし、テニスだけは未だに理解できないので、細かい話はできないが、テニスマンガで乙女座のシャカの天舞宝輪を見ることになるとは思わなかった。
 テニスをやるウチの弟に言わせれば、テニスの知名度が低い時代にこそ成立したマンガがテニプリだったのだそうだ。
 テニプリをいつ終わらせようとしたかは、分からないが、一つだけ言えるのは、現実のテニスの王子様は只ならぬ運気というか天命を持っているような気がする。
 それこそ、甲子園に出れなかった関西方面の怪物とは違う何か大きなものを…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

消える芸人

 先日のさんま御殿を見たが、小島よしおは本人の言う通り半年後には消えてるだろうと思った。
 何故なら、一発屋で終わることを危惧しているくせに同じ芸を繰り返してるだけだからだ。所詮大学生の飲み会芸レベルでしかないのだろう。
 それから、1人ノリツッコミのツッコミを入れるタイミングが早すぎる、まるでノリで「自分は半年後に消えてる」というのを早く否定したいという生の感情が見えてくるようで笑えない。

 そもそも、自分が売れたのが使い捨て芸人枠であることに気付いていないのが致命的なのである。
 ところで、何なら関係あるったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

羞恥心・超時空の大決戦

 名作の誉れ高いティガとガイアの間に挟まれた挙句、放送時間が同じ別番組の主人公の名前に主人公の名前を勝手に使われるという余りいい扱いでなかったウルトラマンダイナ。
 しかし、時は流れクイズヘキサゴンのバカとして脚光を浴びることになろうとは…。

 本日放送のヘキサゴンのSPで、奈良~京都を彷徨う上地さんの時に流れていたBGMに気付かれただろうか? 分かる人にしか分からないウルトラマンガイアのBGM。
 おそらく、羞恥心の3人と平成ウルトラ3部作を引っ掛けたスタッフのお遊びだったんだろうと思う。こじつければ、目的地に走り出した野久保さんのBGMの「Runner」もティガのEDにサンプラザ中野さんが関わっていたと考えるとピッタリなのである。

 本当に上手く当てはめたと思う。こういう見立てが無意識の内におバカという共通点しかなかった人間を別の集団に変えていくのだろう。

 どうでもいいが、何か1人足りない。まさかと思うが、たいぞうさんがアグルだとでもいうのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

シンパシー

 いつだったかBS2でやってた実相寺監督の一周忌の番組、冒頭から進行を担当してたメトロン星人に紹介のテロップが出てたかな?
 まぁ、実相寺監督の番組を見るようなモノ好きにはメトロン星人は説明不要ということだったのだろうか?

 どうでもいいが、あの番組で気になったこと、インタビューを受けていた庵野監督の後ろのテレビの横に並んでたDVDの色の並び、オレの部屋のウルトラマンの部分と同じだった。
 こういうところで無意味に感じるウルトラマン好きのシンパシー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

犬が三毛の一族・リメイク

 先日亡くなられた市川監督追悼ということで、リメイク版の犬神家の一族が放送されていた。
 一昨年の劇場公開時に映画館で見たのだが、多分、リメイクで変わったシーンとしては菊人形の首が佐武の生首になっているシーン。30年前は金田一が生首を見るシーンの前に菊人形の舞台全体を写してしまったせいで、端のほうに例の菊人形が映っていたのだが、今回のリメイクでは端の1体だけが画面に映らないようになっていた。
 まぁ、自分の人生においてトラウマになったシーンなのでこの違いはすぐに分かった。

 それから、ネタバレに近いが、30年前は犯人がある人物と接触するシーンが描かれていなかったと思う。具体的に言えば、金を無心されて嫌々それに応じるというシーンだけのシーンなのだが、このシーンが入ったことで犯人の動機がより強調されたように思える。更に言えば、キャティングの時点で既にその部分を意識してリメイクしたのではないかという気もしてくる。
 自分を含め、多くの人間の心にトラウマを植えつける凶行が描かれている事件でありながら、日本ミステリー映画の金字塔とまで呼ばれる所以は、この動機の部分にあるのではないかと思う。

 しかし、犬神家の話はどこまでが常識なのであろうか? 
 かつて、「るろうに剣心」の単行本で志々雄真実のモデルは××××だと書いていたが、一般的にアレは××ということで通ってるはずだ。絶望先生では蔵の中に何かいるものであるという例に××の方の名前を出していた。
 それと気になるのが、にしおかすみこ。「スケキヨ」とネタでやってるけど、アレが本当は…(以下略)ということを知らないのではないだろうか?
 全く関係ないが、アストラエアの丘に君臨するエロ…じゃなくてエトワール様にあの名前をつけた人間の神経が未だに理解できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

炎神戦隊ゴーオンジャー

 また新しい戦隊が始まった。
 戦隊シリーズというのは不思議なもので、どんな奇抜な設定であっても半年ほど見てれば普通に思えるようになる。
 だから、玩具の売上げさえ考えなければ、お約束を無視したりなどの色んな冒険ができる稀有なシリーズなのである(はて、あまり冒険してなかった冒険するはずの戦隊もいたような…)。

 それにしても、慣れとは怖いものである。自分より年下のヒーローにも慣れてしまったが、もう少しすれば、平成生まれのヒーローたちにも慣れてしまうんだろうなぁ…。
 いつもでも、ヒーローはお兄さんと思いたいのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

読書について

 唐突だが、時間が足りないのでラジオを聴きながらゲームをやったり、テレビの音を聞きながらマンガを読んだりということを普通にやっている。
 しかし、どういうわけか読書だけはそれができない。精々何か音楽を流しながらぐらいでしか、本を読もうという気になれない。
 何が原因かしらないが、自分の中では読書に対して、何か儀式のようなモノになっているようだ。

 まぁ、分析すれば、小説は文字を追うだけでなく、それを頭の中で構築して味わうものだから、五感を研ぎ澄まさないとそれができないからなのだろう。

 という訳で、新しい小説に手を出したいのだが、どうにも本の処理が追いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

アニソンの帝王 水木しげる


 多分、日本のどこかで水樹奈々さんは妖怪マンガ家になってんだろうな。

 三国志で魏の曹操は自分を糾弾した檄文だったにも拘らず、文章の美しさに感心して、頭痛を忘れてしまったということがあったそうだが、みんな心のそこで腹抱えて笑ってるんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

いいミステリー

 「チーム・バチスタの栄光」を見てきたが、物凄く良かった。
 細かい話をしてしまうと確実にネタバレになってしまうのだが、そんなことを関係無しに、物凄く大きな声で犯人の名前を絶叫したい気分である。
 そう、いいミステリーの条件とは、まだ見ていない人間に犯人の名前を教えたくなるという要素が非常に重要なのではないだろうか?

 どうでもいいことではあるが、明日の晩御飯はうどんをおかずに蕎麦を食べることになるだろう。
 白鳥圭輔、友達にはしたくないが、真似したくなる魅力に溢れたいい役人であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

犬が三毛の一族

 映画監督の市川崑さんが亡くなられた。

 市川監督の作品の特別なファンと言うわけではないのだが、人生の中でも深いトラウマの残る強烈な作品であったことは間違いない。
 何よりもまず、「犬神家の一族」の菊人形のシーン。レッドキングやエレキングの首が転がってもなんとも思わなかったが、人間の首(作り物とはいえ)が転がるのは子供心に恐怖以外の何物でもなかった。
 それから、「女王蜂」の冒頭の時計塔のシーン。BS2の予告を見ただけでトラウマになってしまった。で、後で知ったことだが、第一の被害者の殺害シーン、別に時計の歯車に挟まれてバラバラになるなんて原作には無かったようである。

 さっきから、トラウマになっただの、恐怖を覚えただのマイナスイメージしか書いてないが、本当にトラウマになったのなら、どうしてこんなに詳しかったりするのだろうか?
 自己分析だが、自分は本当はこういう惨殺シーンや死体描写が好きなのではないだろうか?

 市川監督を語るほど作品は見ていないが、人間の根源的な本能に訴えるようなそういう映像を撮る監督だったのではないだろうか?

 市川崑のご冥福を心からお祈りいたします。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

思い出のマンガ

 と、よく言うが小学生時分の子供が何冊もマンガを買うことができるわけがない。まして、週刊少年誌を毎週買うようなお小遣いがあるわけもない。
 個人的な話を言わせてもらえば、コンビニが身近に存在しなかったので、週刊誌を毎週立ち読みすることも難しかった。
 つまり、子供の頃に読み込むことができるマンガというのは物凄く限られているのである。

 自分の場合、物凄く限られた中の一つは「聖闘士星矢」であった。ドラゴンボールも連載されていたが、ドラゴンボールをそろえるほどの小遣いはなかった。

 子供の頃に読んでたマンガの数が多いというのは少しありえない話なのである、余程のお金持ちだったりしない限り。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

バカの璧

 昨今、クイズ番組ではバカが持てはやされている。
 まさか、ウルトラマンダイナがこのような形で日の目を見る日が来るとは思ってもいなかった。

 テレビには台本が付き物というが、バカ軍団の解答を台本の時点で考えることができるだろうか?
 仮に考えている人間がいたら、彼らこそ真の天才だろう。

 しかし、何故バカがこれほど持てはやされるのだろうか? それもさんまや紳助といった大物司会者に。
 おそらく、バカ軍団が天然であるからこそではないだろうか?
 つまり、計算された笑いではなく、計算できない笑いを生み出すことがバカ軍団の強みなのだろう。

 それこそ、ピクルと闘いたいという欲望に駆られるように、こいつらのバカをどう捌くかが司会者にとっての腕の見せ所なのではないだろうか?
 バカとハサミは使いようという言葉とバカと天才は紙一重、偉大なるバカたちに栄光あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

FINAL FANTASYⅣ DS

 とりあえず、1周目はクリアした。が、何か納得できないものがある。
 実は、1度ファミ通の攻略情報を読んでやる気をなくした。新システムのデカウントアビリティの連続魔を取り逃してしまったからだ。
 Ⅵでシャドウを見殺しにしてやり直したときのような懐かしい気がしなくもないが、最近のRPGにしては不親切ではないだろうか?
 また、ラストダンジョンのザコ敵の強さも戦い方を間違えるとラスボスを倒せるレベルのパーティーでも全滅する可能性がある。果たして、レベルを上げることに意味があるのだろうか?
 たしかに、SFC版の時点でFFⅣの終盤のザコ敵はボス級の強さであった(っていうか、ボス戦のBGMだし)。しかし、そんなところまで忠実に再現する必要があったのだろうか?(一部敵に関してはSFC版よりも強くなっているし)
 そして、最初に1周目と書いたように追加された隠しボスと戦うには2周目でなければならない。しかも、攻略本を読む限りは正攻法で勝てる相手ではない、攻略法はもはや、作業でしかない。

 まぁ、辛口に批評になってしまうが、あまりいいリメイクとは思えなかった。
 それにしても、リメイク作品をやる度に思うのだが、こんなに短かっただろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »