« 5度目のベロクロン | トップページ | 神々の熱き戦い »

2008年2月27日 (水)

あなたが選ぶスポーツ名場面100選

 日曜日の番組だが、どうも釈然としない内容だった。
 夏川純が余計だったとかではなく、ここ最近の出来事ばかりが上位を占めていたからだ。まぁ、音楽番組で似たようなランキングを作ってもそうなるのだから仕方がないといえば仕方がない。最新のデータが反映されないのはアニメ関係のランキングぐらいである(笑)。

 ビビる大木さんが熱弁していたプロレスが入ってないのは仕方ないといえば仕方ないだろう。アレはスポーツかショーかと言われたら間違いなく後者だ(だからといってプロレスがダメだとまでいう気はないが)。
 だとしたら、フィギィアスケートはスポーツなのだろうか? フィギィア関係の出来事も多数ランクインしていたが、アレも純粋にスポーツと呼べるだろうか? 前々から思うが、スポーツというよりも芸術の方にカテゴライズしてもおかしくないのではないだろうか?

 極端な話、このようなランキングはアカデミー賞の各賞を廃止して、映画関係者全体で誰が一番素晴らしかったでしょう? と、言ってるようなものである。まぁ、俳優が圧倒的に有利な気はするが。
 それに、上位に多くランクインした最近の出来事、10年後に同じことをして果たして、どのぐらいの数が上位に踏みとどまっているだろうか? それと同時に、長嶋の引退や王のホームラン世界記録の瞬間はスポーツの名場面ではなく、日本史の出来事になっているだろう。

 打開策は二つ。
 一つ目は、アカデミー賞を例に出したが、何でもいいから細かい部門に分けること。スポーツでも年代でもいいから総合ランキングなんてモノにこだわらないようにする。
 二つ目は、視聴者投票でなく、限られた人間の会議によってランキングを作成する方法。談合と呼ばれるかもしれないが、信用に値する人間の決めたランキングなら、それなりに見ごたえのあるものになっているはずである。
 別に、これはスポーツに限ったことではない。特に、歴代アニメランキングと謳っておきながら、毎回毎回似たようなランキングばかりしか作れない連中は肝に銘ずべきである。

 ちなみに、個人的にはこのようなランキング付けは好きではない。というよりも、順番が付けれない。 

|

« 5度目のベロクロン | トップページ | 神々の熱き戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/40284279

この記事へのトラックバック一覧です: あなたが選ぶスポーツ名場面100選:

« 5度目のベロクロン | トップページ | 神々の熱き戦い »