« 思い出のマンガ | トップページ | いいミステリー »

2008年2月13日 (水)

犬が三毛の一族

 映画監督の市川崑さんが亡くなられた。

 市川監督の作品の特別なファンと言うわけではないのだが、人生の中でも深いトラウマの残る強烈な作品であったことは間違いない。
 何よりもまず、「犬神家の一族」の菊人形のシーン。レッドキングやエレキングの首が転がってもなんとも思わなかったが、人間の首(作り物とはいえ)が転がるのは子供心に恐怖以外の何物でもなかった。
 それから、「女王蜂」の冒頭の時計塔のシーン。BS2の予告を見ただけでトラウマになってしまった。で、後で知ったことだが、第一の被害者の殺害シーン、別に時計の歯車に挟まれてバラバラになるなんて原作には無かったようである。

 さっきから、トラウマになっただの、恐怖を覚えただのマイナスイメージしか書いてないが、本当にトラウマになったのなら、どうしてこんなに詳しかったりするのだろうか?
 自己分析だが、自分は本当はこういう惨殺シーンや死体描写が好きなのではないだろうか?

 市川監督を語るほど作品は見ていないが、人間の根源的な本能に訴えるようなそういう映像を撮る監督だったのではないだろうか?

 市川崑のご冥福を心からお祈りいたします。


 

|

« 思い出のマンガ | トップページ | いいミステリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/40115145

この記事へのトラックバック一覧です: 犬が三毛の一族:

« 思い出のマンガ | トップページ | いいミステリー »