« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

虚構と現実の間に…

 今度の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の内容が特別番組に変更されるという。
 実は録り貯めしたままでまだ1話も見ていないという恥ずかしい状況なのだが、噂は色々と入ってくる。低視聴率と今後舞台になる中国への配慮が主な原因と言われている。

 前者に関しては、R2になって夕方に放送時間を移したことが原因だろう。
 たしかに、1期の頃は「夕方(土6)で放送してれば良かったのに」と言われてたかもしれないが、2期になってから夕方に移したのでは遅すぎるというのが理解できなかったのだろうか?
 たしかに、ギアスのファン層と土6アニメのファン層は被るだろう。しかし、それ以外の視聴者に関してはどうだろうか。推測でしかないが、土6を支えていたのはアニメファンよりも偶然見てそのまま見続けてた人間だったのではないだろうか? 果たして、「コードギアス 反逆のルルーシュ“R2”」なんてものを偶然見て、そのまま見続けようという奇特な一般視聴者がいるだろうか? 1期を見てないと確実に置いてけぼりにされるアニメを。

 後者は作品に現実性を持たせるために実際の国家と似たような名前の国を出したのが原因だろう。
 このアニメのプロデューサーは同じ目的でガンダム00に西暦を持ち込んだ人間である。もっとも、それで作品世界に現実性が生まれたかは定かではないが、現実の影響をモロに受けるという弊害は確実に存在するようだ。
 「9割の真実の中に1割の嘘」というのは騙しのテクニックである。ギアスなんて超能力やナイトメアフレームなんてロボットのいる大嘘の世界に真実味を持たせるには他の部分を真実にで塗り固めなければならなかったのかも知れない(ギアスだけで嘘の比率が3割ぐらいのような気がするけど)。
 まぁ、あのプロデューサーが何を訴えたかったのかは理解したくもないが、少なくとも現実世界に訴えたい何かがあるからこそ無駄に現実味を帯びた舞台を用意したのだろう。そして、その結果、現実では訴えれないことを訴えるのに適していたはずの虚構の世界にも及ぶという本末転倒なことになってしまったのである(中国に遠慮したという話が本当なら)。

 まぁ、このプロデューサーがそういう考えに至ったのは、過去の担当作品で自分がイメージした国とスタッフが作品に反映させた国が違っていたという事態が度々あったからではないだろうか?(パ○ス○ナのつもりで発注したらチ○ッ○にされていたとかw) だから、現実の世界と無理矢理結びつけることで発注ミスを減らそうとしてるのだろう。
 そもそも、このプロデューサーはやたらとテーマ等についてしゃべりたがる傾向があるように思える。視聴者に考えて欲しいというよりは、誘導尋問の方が正しいかもしれない。

 果たして、そこに真実は生まれるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

答え:6通り

 何が6通りかはさて置いて、今週のヘキサゴンで上地さんは1つだけ間違いを犯してしまった。
 「ほぼ正解」を「ホモ正解」を聞き間違えた際、「オレはホモじゃね~」と言ってしまったことだ。

 おそらく、この発言で女性ファンの何割かが失望したに違いない。
 ナポレオン皇帝即位の報を聞いたベートーベンが「ナポレオンに捧ぐ」というタイトルを消したように、夏コミの原稿を破り捨てた腐女子がいたのではないだろうか?
 多分、羞恥心ファンの女性の何割か(某マンガの大野さんの言葉を参考にすれば全員)は、羞恥心をそういう眼で見ているはずだ。
 男のオレには理解したくない世界だが、それが妄想世界の現実なのだろう。

 しかし、羞恥心の勢いは恐ろしい。
 来月に2枚目のCDを出すことよりも、予選ペーパーテストでおバカ軍団の中から頭1つ抜けつつあった野久保さんに絵心のなさという新しい才能(?)が開花したことである。
 野球バカという点で上地さんとキャラが被っていただけに、絵心のなさというのは必ず武器になることだろう。
 冒険王ビィトでビィト戦士団をシャギーが「常に予想外の伏兵が潜在力を爆発させ紙一重の状態から逆転し続ける!!」と評していたが、今の羞恥心にはそれに近いものがある。

 ちなみに、タイトルの問題は「羞恥心で2人組のカップリングを考えた場合、何通りの組み合わせができるでしょう?」 だが、彼らには解くことができるだろうか?(受けと攻めが違うと言うことを知らないといけないしねぇ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

人生一度は言ってみたい

 どうでもいい話だが、人生で一度でも言ってみたい台詞は「犯人は、お前だ!」である。
 まぁ、普通に生きてれば、こんな台詞を言うような状況に出くわすことはないだろう、っていうか、正直出くわしたくもない訳だが…。

 しかし、ミステリー小説を解くような感じで思考を巡らせることは誰もが快感を覚えることなのだろう。
 不謹慎な話ではあるが、ニュースや新聞で何らかの事件を知ってそういう思考を巡らせなかったという人間がいるだろうか?

 不謹慎にならない程度でそういう妄想を楽しむ上で格好の材料があった。
 文化放送で放送中の「A&G超!RADIO SHOW~アニスパ!~」で、自分のプロモーションが終わった途端に台本に落書きを描き始めた人間がいたという話である。今では番組のジングルにもなっているアレである。
 ネット等を見てみると、色んな声優さんの名前が挙がっていたが、何人かに関しては、既に番組ないで否定されている。
 では、この落書きをしたという人物が誰なのかを考えてみるとしよう。

 まず、当然のことながらアニスパにゲスト出演した人物でなければならない。そして、重要なのが声優ばかりの予想が来る放送中に言った「アニスパも長くやってると色んな人が来ましたから」という言葉である。つまり、犯人は必ずしも最近ゲストで来た声優とは限らないわけだ。
 次に、暴言に定評のある浅野真澄さんだけが騒いでるならはともかく(失礼)、この話をジングルにしているという事実である。要するに、この人物に腹が立っているのは、ますみんだけではないということなのだろう。
 そして、ジングルにしたということが犯人は声優(アニメ関係者含め)でないということを暗に示している。仮に、声優が犯人だとしたら、何かの機会にこのジングルを聞いてしまう可能性、直接聞かないにしてもジングルの存在を知る可能性はいくらでもあるだろうし、再びゲストに来る可能性も完全には否定できない。いくらアニスパがそこそこ聴取率を稼いでる番組だからといって、このような真似をするだろうか? つまり、犯人はアニスパスタッフが最低でも2度と番組に来ることがないと断言できる人物と言えないだろうか。
 最後に、この話題を出した春の改変後という時期である。この春の改変によって何が変わったか。少なくとも裏番組が1つ、別の時間帯に移動になったという事実である。ここからは、かなりの偏見に基づく一方的な妄想と断っておくが(今までのは何だったんだよ)、その裏番組の担当者はアニメやマンガに詳しいらしく、オタクに人気があるということになっていた。だから、アニスパに対抗するために裏番組に起用されたのだろう。アニスパスタッフが潰そうと思ったかは知らないが、結果的に返り討ちにしたわけである。だから、安心してこの話をすることができたのではないだろうか?

 残念ながらあくまで可能性の話である。真相はますみんが声優業を引退する時に語ってくれるかも知れない。

 しかし、1つだけ確実なのは、最近だけで3度目の悪口を書いてるぐらい、その人物が大嫌いなのだということである。
 名前出すのもおぞましいほどに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

誰もが知ってるウルトラの戦士だけど

 20数年前に「ウルトラ怪獣大全集」という本を買ってもらった(ぶっちゃけ、このブログのタイトルはこの本から失敬してたりする)。
 孔子は易経をバラバラになるまで読み込んだというが、自分もこの本をバラバラになるまで読み込んだというか、本当にバラバラにしてしまった。だから、当時、買ってもらったものは残念ながら処分した。しかし、10年ぐらい前に、偶然本屋で見かけたので記念に1冊手元に置いてはいる(この手の本の恐ろしいところは重版が何十年も繰り返されてることである)。
 で、「ウルトラ怪獣大全集」はウルトラQから80までの怪獣が網羅されていたのだが(最近の怪獣図鑑ではお目にかかれない「ウルトラ兄弟VS怪獣軍団」も)、その中に一際目立つ存在があった。

 「ザ☆ウルトラマン」である。

 それ以来、「ザ☆ウルトラマン」は幻のウルトラマンであった。
 他のウルトラマンと違ってレンタルビデオで貸し出されることもなければ、再放送されることもなかった(子供の頃にどさくさに紛れてさっきの「ウルトラ兄弟VS怪獣軍団」は見たことがあるのに)。
 過去にLDで発売されたらしいが、LD全盛期にLDに手を出せるほど金をもってはいなかった(でも、高校の同級生で「超獣機神ダンクーガ」のLDを集めたというヤツはいたけど)。
 唯一見た映像は、ウルトラマンの主題歌を集めたビデオの「ザ☆ウルトラマン」の部分だけである。

 それから、20数年、ついに手元にやってきた「ザ☆ウルトラマン DVD メモリアルボックス」。
 
 普通だった、とりあえず、DISC1を見たが。
 別に幻の傑作だと心の中で美化してたわけでもないし、ただ1話も見たことがないというだけで特別視してただけだったと思う。
 もう、その特別視をすることはない。「ザ☆ウルトラマン」はアニメのウルトラマンという存在でしかなくなってしまったのだ。

 幻の作品を見た喜びよりも、何かを失った悲しさの方が少し上回ったような気がした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

オルゴンジェノサイドバーニング

 例えば、アニメやマンガが大好きでブログを毎日何度も更新する人間がいるとして、自分がアニメやマンガネタにされてブログで取り上げないということがありえるだろうか?少し違うが、同じマンガで自分が写った写真が取り上げられていた某女性声優は少なくともラジオで取り上げていた。

 天下の三大少年誌に連載されているマンガなら自分が読んでなくても、周りの誰かが情報を教えてくれてもおかしくないはずである。知らなかったなどという言い訳はできないはず、っていうか、50周年記念号に「毎週読んでる」とコメントしてた気がしたが…。

 敵に回したという表現が適切かはわからないが、単行本7巻でネタにしてた頃とは違った扱われ方になっている。今週号の催行人数割れのため中止になるツアーは名指しこそしてないが、どのツアーのことなのだろうか? どこに描かれていたか忘れたが、ポスターに描かれてた似顔絵、少なからぬ悪意がこもっていたように思える(すべて都合の良い推測で成り立っております)。

 ほんの一行、ブログで触れるだけで避けることができた事態であろうに…。
 逆に冒頭のラジオで感謝してた某女性声優は13巻の巻末で少し良い扱いを受けていたのは気のせいだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

How old are you?

 その昔、伊集院光がラジオでアイドルにアニメの話を振る時には注意が必要だという話をしていた。
 つまり、そのアイドルがサバを読んでいたりして明らかに子供の頃に放送してないアニメを見てると色々大変なことになってしまうかららしい。
 まぁ、最近は再放送やビデオなんて逃げ道もあると言えばあるが、某アイドルはアニメ好きを公言してる割に明らかに同世代の人間が見ていたアニメを見ていないという矛盾を露呈させている。

 話変わって、誰とは言わないが、某女性声優。 
 直接聞いたわけではないが、某ラジオで「初めてやったコスプレは小学生の時にセイバーマリオネットJのチェリー」と発言したらしい。その声優さんは同い年のはずだが、セイバーJが放送されていた時は高校生だった気がするのだが…。
 そう言えば、前にもとことん石ノ森章太郎に出演してた時に(名前伏せてる意味ないじゃん)、「ポワトリンが放送されてたのは小学校に上がった頃」なんてことを言っていた。ポワトリンの頃は高学年だったと思うんだが…。

 しかし、このサバの読み方は一体どういうことだろうか?(単なる記憶違いで済む話だろうとか言わないのw) 普通は逆だろ。これでは、実年齢よりも年下になってしまう。
 流行の17歳教だろうか? スパロボRのように数年先からタイムスリップしてきたのだろうか? それとも、気付かないうちに妹か誰かと入れ替わってたりするのだろうか? 現実世界に出稼ぎに来てるというようにネットの世界を中心に生活してると(名前隠す気ないだろ…)ウラシマ効果で周囲より時間の流れが遅くなってしまうのだろうか?

 謎は女性の魅力かも知れないですが、この謎はどうかと思いますよ、佳奈様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

学校へ行かせろ

 偶然見かけた「学校へ行こう!MAX」でおバカ企画をやっていた。
 素人のおバカに珍解答をさせて笑おうという企画のようだが、この番組のタイトルは「学校へ行こう」のはずである。おバカを笑いモノにするよりも、おバカを学校に放り込んで勉強させるべきではないだろうか?

 昔から、何たらとハサミは使いようというが、まさにその好例だろう。
 おバカ軍団の跋扈するヘキサゴンは珍解答だけで笑いをとってはいない。もっと根源的な部分、何故そのような珍解答を生み出してしまったのかという思考過程を笑いに結び付けようとしている。
 例えば、先日の放送で「孔子の有名な言葉」と聞いただけで、何故上地さんは「ドナドナ」と勢いよく答えてしまったのか? 紳助さんは直ぐに気付いたようだったが、「孔子」を「子牛」と勘違いしていたからだ。ヘキサゴンドリルⅡに載っていた、「ドンキホーテが怪物と思って襲い掛かったものは何か?」に対するつるのさんの「ペンギン」という答えも、それだけではどう笑っていいか分からないが、激安の殿堂を思い出したからだと気付けば素直に笑えるではないか。

 しかし、おバカが流行ってるかと、安易に便乗企画を放送するようになってしまっては、残念ながらおバカブームも長くはなさそうだ。
 おバカの裏に存在する高度な知的ゲームを楽しんでる(と思い込んでる)自分としては、悲しいことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ダイナに台無しという意味は含まれてない

 今となっては羞恥心の羞ことつるの剛士さん、ウルトラマンダイナ放送当時は荒削りだけどとにかく勢いで前絵進もうとするような体当たり演技が番組のカラーとマッチしていい感じだったんだけどなぁ。
 まぁ、アスカ・シン(シン・アスカじゃないよ)自体、そんな頭の良さそうなキャラでなかったから、別にアレだけのバカをさらしたところでイメージが壊れるということはないけど、当時の小学生はどんな気持ちでいい年した元ウルトラマンの姿を見てるのだろうか?

 何てことを考えたところで、今度のウルトラ8兄弟で共演する兄さんたちも子供の夢を壊すという意味では同じかそれ以上のことをしてきたではないか。
 実の娘さんにすら「物心ついたときには悪代官でした」とまで言われた黒部進さん。失礼ですが、2時間ドラマで黒部さんを見ると、犯人ではないのだろうけど、犯人が殺人を犯す動機を間接的に作り上げた悪というポジションなのだろうと考えてしまいます。そのぐらい、腹黒い役が板についてしまっています。
 たしかにハヤタのイメージを払拭するために役者として色んな葛藤もあったと思いますが、それでも前のメビウス&ウルトラ兄弟の時に見せた姿はどれだけ悪役のイメージしかなくても、紛れもないハヤタでした。

 子供の夢は、中の人が悪代官や救いようのないおバカさんであったとしても、そう簡単に崩れ去るものではないのだろう。
 そう、映画館に行けば、ちょっと年を取ったアスカ・シンが普通にいるのだろう(ただ、気のせいか、アスカがスクリーンに登場した瞬間、「羞恥心だ~」「バカだ~」という子供の歓声が今から聞こえてくるような…)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

他に戦うモノがあるだろう

 偶然、録画した番組を見終えたらNEWS23の「ウツと戦うプロレスラー」という特集をやっていた。
 ウツ病についてはおいて置くとして、この特集は果たして報道番組の特集として正しかったのだろうか?
 全部を見たわけではないのだが、あくまでプロレスを真剣勝負として扱ってるナレーションのような気がした。

 プロレスを貶めるわけではないが、ブック(台本)なしでプロレスの試合は成立しない。
 別にそれをプロレスの暗部だとは思わないし、プロレスの面白いところだと思う。

 ウツ病を扱う難しさはあるのだろうけど、そこに一切触れないというのは頭隠して尻隠さずとでも言うべきか、そういういい加減さが、ウツ病のほうもいい加減に扱ってるような印象を与えないだろうか?

 かつてはゴールデンタイムに放送されていたプロレスが深夜にひっそり放送されるようになってしまった原因を、もう少し考えるべきではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »