« 人生一度は言ってみたい | トップページ | 虚構と現実の間に… »

2008年5月30日 (金)

答え:6通り

 何が6通りかはさて置いて、今週のヘキサゴンで上地さんは1つだけ間違いを犯してしまった。
 「ほぼ正解」を「ホモ正解」を聞き間違えた際、「オレはホモじゃね~」と言ってしまったことだ。

 おそらく、この発言で女性ファンの何割かが失望したに違いない。
 ナポレオン皇帝即位の報を聞いたベートーベンが「ナポレオンに捧ぐ」というタイトルを消したように、夏コミの原稿を破り捨てた腐女子がいたのではないだろうか?
 多分、羞恥心ファンの女性の何割か(某マンガの大野さんの言葉を参考にすれば全員)は、羞恥心をそういう眼で見ているはずだ。
 男のオレには理解したくない世界だが、それが妄想世界の現実なのだろう。

 しかし、羞恥心の勢いは恐ろしい。
 来月に2枚目のCDを出すことよりも、予選ペーパーテストでおバカ軍団の中から頭1つ抜けつつあった野久保さんに絵心のなさという新しい才能(?)が開花したことである。
 野球バカという点で上地さんとキャラが被っていただけに、絵心のなさというのは必ず武器になることだろう。
 冒険王ビィトでビィト戦士団をシャギーが「常に予想外の伏兵が潜在力を爆発させ紙一重の状態から逆転し続ける!!」と評していたが、今の羞恥心にはそれに近いものがある。

 ちなみに、タイトルの問題は「羞恥心で2人組のカップリングを考えた場合、何通りの組み合わせができるでしょう?」 だが、彼らには解くことができるだろうか?(受けと攻めが違うと言うことを知らないといけないしねぇ…)

|

« 人生一度は言ってみたい | トップページ | 虚構と現実の間に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/41366727

この記事へのトラックバック一覧です: 答え:6通り:

« 人生一度は言ってみたい | トップページ | 虚構と現実の間に… »