« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月18日 (水)

金田一耕助の慈悲

 毎度のように犯人の自殺を許してしまう金田一耕助。
 某コナンくんにすら批判されているが、昨日のような死刑執行のニュースを見てると、劇中で等々力警部辺りが指摘するように、これも1つのヒューマニズムだったと思う。

 最初に断っておくが、死刑制度自体は反対というわけではない。ただ、あまりにも簡単に死刑執行を命令できる神経を少しばかり疑っているだけだ。

 オタクの端くれだから、宮崎勤の事件は子供心にかなりの衝撃があった。。
 当時、BS2で再放送されてた「帰ってきたウルトラマン」を録画していたのだが、あの部屋のビデオテープの中に「帰ってきたウルトラマン」と書かれたものがあったのを今でも覚えてる。だから、口では自分は違うと言っていても、深層心理の中では自分も同じだという恐怖があったのかも知れない(小学校低学年だったけど)。
 それが原因でいじめられたことはないが、何となく肩身の狭い思いでそれからの人生を送らなければならなくなっているわけで、宮崎勤を擁護する気もなければ、殉教者に祭り上げようなどとは死んでも思わない。

 空想世界の正義の味方を見慣れてると、現実世界で正義の味方を自称するヤツがどれだけ非現実的な存在であるかが見えてくる。
 たしかに、宮崎勤が死刑に値するだけの罪を犯したことは間違いないだろう(諸説あるけど)。だとして、今回執行された3人とされなかった102人には同じ死刑囚でもどんな違いがあったのだろうか?
 熟考に熟考を重ねた末に決めたにしては、熟考の跡が見えない。まして、命令した大臣の友達はアルカイダである。そのような思慮に欠ける発言を何度も繰り返してる人間の熟考なんて「バカの考え休むに似たり」そのままではないだろうか?
 空想世界の正義の味方全員とは言わないが、少なくとも何人かは悪党とはいえ人の命を奪うことにためらいを感じ葛藤していたが、テレビで見る大臣の顔は血色良さそうだった。
 顔は似ても似つかないが、「デスノート」の魅上照が「削除削除」と連呼しながらデスノートに名前を書いてるような不気味さすら感じずにはいられない。

 で、頭の金田一である。
 金田一シリーズ(特に映画)の犯人は確実に死刑だろう。裁判で死刑を宣告されれば、いづれ誰かが執行命令を出して、誰かが死刑執行という人殺しをしなくてはならなくなる。人間は全員が全員今の大臣のようなわけではないわけだから、誰かが苦しむことになる。
 そういう意味で、金田一は、犯人に自分を裁く機会を与えていたのではないだろうか?

 何のテーマで書いてるのか自分でも分からなくなってきたが、「正義」なんて言葉を口にするんなら、普段の言動にもそれなりの責任を持ってもらいたいということである。
 日本国内では間違いなく「正義」という言葉が1番に合わない人間である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

オタクの聖地2

 高校生になった頃、文化放送のA&Gゾンのラジオ番組を聞くようになり、「秋葉原」という単語をよく聞くようになった。当時放送されていた「超機動放送アニゲマスター」という番組のパーソナリティーだったおたささことおたっきい佐々木氏がよく秋葉原の話をしていたからだ。
 自分の中では、秋葉原はオタクの街なのだと意識し始めた時期だったかもしれない。

 その後、運良く大学進学を機に東京で1人暮らしを始めることになった。
 1人暮らしを始めるために家電製品を買いにいったのが秋葉原であった。地方では今でも「家電は秋葉原で買うと安いんでしょ」と言われることもある。
 で、秋葉原に毎週のように通い始めた。メディアワークスが秋葉原ガイドのようなものを出していたので、それを片手に色んな店を回ってみた。
 当時一番入り浸ってたのは、ラオックスのコンピューター館の1番上にあった攻略本コーナーだった気がする。

 正直、同人誌に手を出さないことにしているので、中古同人ショップには寄り付かないし、マニアックな海外ゲームや秋葉原限定の予約特典が欲しかったりするわけでもない。CDを買うこともしないので、声優さんのイベントに参加したくて秋葉原でCDを買うなんてこともなかった。自分の用は池袋や新宿で十分なだったのである。
 最終的には、どうしても手に入らない玩具、中古カード、プロレス専門店でTシャツを買う時ぐらいしか秋葉原には行かなくなっていた(あと、知り合いに秋葉原を案内してくれといわれて案内する時など)。

 故あって、東京を離れて随分経つのであれから秋葉原がどのように変わったのかは、風の噂でしか聞いてない(ネット情報も風の噂に含まれるのだろうか?)。
 少なくとも、オタクの聖地ということには変わりないようだが、正月に危惧したようにその聖地というものが一人歩きをしているのではないかという気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

オタクの聖地1

 秋葉原通り魔事件から一週間が経とうとしてる。
 マスコミ含め色んな人間が事件の分析をやっているが、今回の事件の分析に秋葉原は必要なのだろうか?
 今回の事件における秋葉原は、ヘキサゴンの脳解明クイズにおけるダミー数字に思えて仕方がない。つまり、今回の事件に秋葉原を絡めて分析すると、おバカ軍団のような見当違いな分析をしてしまうのではないかということである。おバカ軍団がどう考えても解答に関係ない数字を計算に組み込んでしまうように、今回の事件における秋葉原はさぞ魅力的な言葉なのだろう。あの西村京太郎だって「十津川警部 アキバ戦争」なんて小説を書いてしまうぐらいだし。

 秋葉原との最初の出会いは中学生の頃、東京に出張した父から聞かされた話であった、曰く、「東京には秋葉原というゲーム屋のたくさんある街がある」。
 大きいおもちゃ屋には今でも興奮する体質である。東京にはそんな夢のような街があるのかと中学生だったけど、子供心にワクワクしてたものである。
 そして、家族旅行で東京に行く機会があったとき、ゴジラの最終決戦場だけでなく秋葉原もコースに入れてもらうことに成功した。
 それが人生における初秋葉原だった。たくさんゲーム屋があることに満足して、特に何も買わずに秋葉原を後にした。
 その頃は、完全に電気街だったはずである。ただ、ゲーム屋が多くなったことで、そこから秋葉原がオタクの街に変わろうとしていた時期だったのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

覚悟

 モモーイのブログを読んで思った言葉。
 ああいう事件が起きても、それを受け止める覚悟。
 秋葉原を愛するものとして、好奇の眼や批判にさらされようとと、行動し、発言しなければならないという覚悟。

 果たして、今の自分にそれほどの覚悟があるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

無題

 別にそこまで秋葉原に思い入れがあるわけではないが、自分のよく知ってる場所でああいう事件が起きると、決して他人事とは思えない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

ONE MORE MATCH

 俳優のドゥエイン・ジョンソンさんが離婚されたそうだ。
 まぁ、ドゥエイン・ジョンソンと言ってもマニアしか理解できないだろうが、そのニュース記事の見出しは“元”ザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンさんとなっていた。
 世間の認識としては“元”ザ・ロックになってしまったのかというのが少し悲しい。

 ザ・ロックがWWEでどのぐらいのスーパースターだったかはウィキペディアで調べてもらうとして、個人的には「スコーピオン・キング」のプロモーションで来日した時に初めてその存在を知った。そして、その後、深夜に放送されていた番組で再び眼にすることとなった。WWEにハマるきっかけの1つだったのである(残りは、当時、まだ現役で試合をしていたハルク・ホーガンとホーガンとやり合っていたWWE会長なのに筋肉ボディのビンス・マクマホンの衝撃)。
 ただ、その時期は、ロックがレスラーから俳優に転向しようとしていた時期であり、レッスルマニア19でのストーンコールド戦、続く、バックラッシュでのゴールドバーグ戦、1年後のレッスルマニア20でのロックン・ソッコ・コネクションでのエヴォリューション(HHH以外)戦を最後に、公式戦は一切行っていない。
 ウィキペディア情報によると、例え試合をしたくても俳優としてケガをしてはいけないという契約条項があるために試合ができないのだという。
 それでも、ロックは凄かった。先日も、父親のWWE殿堂入りのプレゼンターを務めたようだが、文章で読むだけでも口だけでロックが会場を支配していた様子が伝わってきた。
 試合をしなくてもロックは健在だったのである。

 If you smell what the Rock is cookin’

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

アレから1年

 本来、「涼宮ハルヒの驚愕」が発売されていたはずの日から1年が経った。
 異世界人の正体が明かされぬまま、1年以上経っているというわけだ。
 まぁ、どうしてこんなに伸びてるかは知らない。個人的には、来るべきアニメ2期との兼ね合いで伸びてると思いたいが…。

 ところで、全く関係ない話だが、アニメなどで最終回だけを見てないアニメというのが何本かある。
 少し思い出しただけでも、「チンプイ」「アーク・ザ・ラット」「十兵衛ちゃん」などなど。別に結末が気になって仕方がないわけでもないのだが、何か未だに引っ掛かっている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »