« でも、やっぱりF5が好き | トップページ | さらばネオジオCD »

2008年7月23日 (水)

遙か、茜色の水面に浮かぶ月

 という訳で、ついこの間もPS2版をクリアした気がするDS版ドラクエⅤを始める。

 実感したことはないが、サンタローズの町は少年時代と青年時代でマップの大きさが違っていて、子供の頃は遠かった距離が大人になると近く感じるというのを再現しようとしてたらしいが、十字キー(押しっぱなし)しか動かさないんだからゲームでそんなものが体感できるわけがない。
 それよりも真に恐ろしいのは、いくらゲーム中の移動速度やテンポが速くなってるとはいえ、ほんの半日ほどで、ドラクエ史上最大の選択肢を迫られるところにたどり着いたことである。思えば、Ⅳのときも2時間足らずで1章が終わった瞬間、何とも言えない戦慄を感じたものである。
 そりゃ、子供の頃は1日中ゲームをさせてもらえなかったとか色々あるけど、例のイベントにたどり着くまでは2、3週間ぐらいはかかっていたのではないだろうか?

 で、性懲りもなくDS版Ⅴを買ったのは第3の選択肢を選ぶためである。
 ドラクエⅤでビアンカとフローラのどちらを選ぶか(とキラーパンサーの名前)はゲームファンなら一晩語り明かせる格好のネタである。そして、そこから「君が望む永遠」なんて稀代の鬱ゲーが生まれたわけである(何かのCDのブックレットに結婚イベントを参考にしたと書いてあったはず)。
 ゲームをプレイしてないので君望とドラクエを純粋に比較することはできないが、他のギャルゲー(鍵)と比べてみてもドラクエのそれは重い。
 何故なら、他のギャルゲーはやり直しが割りと簡単だからである。というよりも、全キャラ・全ルートをプレイすることが前提で作られているのがギャルゲーである。対して、ドラクエの場合、結婚相手を決める前にセーブはできるが、そこから他のキャラを選んでやり直すには根気がいるし、ギャルゲーのようにEDが劇的に変わってくるわけでもない。まして、ED後にやり込もうと思うとやり直す時間が惜しい(特に鍛え甲斐のある×××ー×を仲間にして育てようと思ったら)。
 現実問題、1度選んだらゲーム中と同じようにそれが最後なのである。

 まぁ、そんなこんなで第3の選択肢デボラを選んだわけだが、ビアンカでもフローラでもない第3の選択肢を作ったら、こうなってしまったという感じのキャラというのがなんとも…(ビアンカ、フローラに限らず、過去のドラクエのどのキャラでもないといった方が正しいか)。戦闘能力はビアンカにもフローラにもましてデボラにも期待してないからどうでもいい、ヘルバトラーの方が遥かに強いから(仲間にできるのはEDの後になるだろうけど)。

 どうでもいいが、ドラクエⅤで1番魅力的なのはスライムナイトである(初登場はⅤ)。
 スライムの愛らしさとナイトの猛々しさを併せ持つ何とも言えないあの姿…(そして、終盤まで使える能力)。
 ただ、気になるのは、ガイドブック等を読んでると、ナイトの部分もスライムの一部が変化したものだということになっていること。さすがにそれでは気持ち悪かったのか、以後の作品では、スライムに跨った魔族の騎士という設定になっていたが。

|

« でも、やっぱりF5が好き | トップページ | さらばネオジオCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/41944193

この記事へのトラックバック一覧です: 遙か、茜色の水面に浮かぶ月:

« でも、やっぱりF5が好き | トップページ | さらばネオジオCD »