« 「本気」と書いて「マジ」と読む | トップページ | 2000年巨人軍決起集会 »

2008年11月 4日 (火)

Анкоку Жигоку Гокураку Отоши

 プロ格闘家への転向を表明した石井慧選手、見た目や言動や態度が「スラムダンク」の森重寛と重なるのは自分だけだろうか?

 しかし、恐れを知らぬというか、何もわかっていないだけなのか知らないが、彼は自分が負けるということの意味を理解していないのだろう。
 石井選手が金メダルを取った北京五輪で、メダルも獲れずに良いところなしで帰ってきた星野ジャパン(とりわけ星野監督)がどれだけ叩かれたかを見てないのか(まぁ、見てなさそうだけど)。
 国の威信を背負って五輪に出場し無事金メダルを獲ったから理解できていないのかも知れないが、今度は柔道というものを背負わされてるのである。数年前の大晦日、曙がボブ・サップにKO負けをした瞬間、一部で叫ばれていた相撲最強説が揺らいだのと同じように、総合格闘技で石井選手が負けることで、日本柔道(五輪金メダリストだから下手すれば柔道という競技そのもの)の威信が大きく傷ついてしまうのである。
 ちなみに、曙の時は「横綱といえども所詮は引退した身」という弁解の余地はあった。他のプロ格闘家に転向したメダリストの先輩方もピークを過ぎてからの転向であった(まさか、どこかのオーガみたいに未だにピークに達してないわけないだろうし)。
 プロ転向前から負けた時のことを考えるような弱腰ではダメなのかも知れないが、少なくとも本人以外の柔道関係者が1番恐れてるのは、ロンドン五輪も狙える有望選手やあとに続く選手の流出よりも、そんな現役最強選手が負けて、柔道が弱いと思われることだろう。

 それにしても、石井選手はプロで通じるだろうか?
 格闘技に関しては、全くといって良いほど素人なので技術的な面ではその強さは分からないが、思想や精神的な面から見れば、確実に大成することは無いと断言できる。
 高校の頃の模試の評論文だったと思うが、ボクシングのアリやフォアマンには信仰心があったが、タイソンにはそういう精神面を支えるものが何もなかったからああなったという感じの文章があった。信仰心というと日本人になにじみが無いかも知れないが、○○道と言ってしまえば、理解しやすいだろうか。何にでも「道」をつけるのが日本人と言われるが、道と付けば、それは限りなく宗教行為に近付くのである(それはまた別の話)。
 柔術と呼ばれていたものが柔道となった時点で、それは限りなく宗教行為になっていたのである。石井選手は割りと簡単に柔道を捨てれたようである。果たして、転向した先にプロ格闘家道なんてものが存在するだろうか? プロ格闘家になった諸先輩も自前の柔道の道場を持っていたりと、柔道家の魂や誇りを忘れていないようである。
 
 結論から言えば、勝ってるうちは良いだろうけど、負けた時にそこからズルズルと落ちていく。
 落ちたところで、そこから再起することは難しいだろう。ほら、ちょうどさっき名前の出たボブ・サップのように…。

|

« 「本気」と書いて「マジ」と読む | トップページ | 2000年巨人軍決起集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/43014401

この記事へのトラックバック一覧です: Анкоку Жигоку Гокураку Отоши :

« 「本気」と書いて「マジ」と読む | トップページ | 2000年巨人軍決起集会 »