« オーロラエクスキューション | トップページ | …… »

2008年11月30日 (日)

純粋検定批判

 一週間ほど前に「全国総合アニメ文化知識検定」(通称アニメ検定)というものが開催されたそうである。
 ハッキリ言って、興味ない。その前は「ウルトラマン検定」なんてものも開催されたそうだが、検定料を払う金があれば、ギガキマイラのソフビ人形でも買う(っていうか、買ったし)。
 そもそも、アニメ検定○級を持ってたとして何かいいことでもあるのだろうか? 例えば、アニメのDVDに急に応じて何%かの割引が適応されるとかになれば、快く受験させてもらっていただろう。そのぐらいの特典もない検定に何の意味があるのだろうか?
 ハッキリ言って、世間の認識はアニメを見てる=アニメマニア=オタクと極めて単純明瞭な判別方法でオタクを区別してくれている。オタク内部でその定義を巡って激しい闘争があったとしても、全部ひっくるめてオタク。どこぞの容疑者Xさんは四色問題の既存の証明を美しくないと切り捨てて美しい証明を試みていたが、定義は簡潔であるべきなのだろう。アニメを見ればオタク、検定料も試験問題も必要ない。適当に放送されてるアニメを見れば、終わるのだ。

 とにかく、この手の趣味に対する検定は嫌いなのである。簡単に言ってしまえば、怖いのである。
 例えば、アニメ検定3級を受けて不合格になったとしよう。これは、自分にとって今までの人生を否定されることに等しい。紅白に出れなかったどこかのエセオタの心に空いた穴どころではない。
 そもそも、4択問題60問で何が量れるというのか? 卒業論文でオタクを研究する時に、ある程度はオタクの定義も考えようと思い、「道を歩いている人間に金を渡して歴代戦隊ヒーローの名前を覚えさせたとして、戦隊ヒーローの名前を知ってるから、この人はオタクだと言えるか?」という例(難癖)を挙げて、「知識は必ずしもオタクを定義づけるものではない」と書いた。
 アニメ検定では、事前に参考書なんてものが出てた。仮にアニメ検定がその参考書を勉強するだけで取れるものだとしたら、アニメ検定○級なのに「勇者王誕生!」が歌えないバカだって出てくるかもしれない。
 何年か前にも分数のできない大学生なんてのが話題になっていたのだから、どこの世界でも似たようなことは起きるのだろう? 案外、これが世界の歪みの正体ではないだろうか(笑)。

 どうでもいいが、高校の頃、「口を開けばオタクと分かるから黙っておいた方がいい」とよく言われた。アニメ検定何級ぐらいだと、この口を開いた瞬間からオタクとバレるレベルなのだろうか? あと、大して詳しくもない仮面ライダーマニアと思われることもあったが、ここまでくるとどの検定でも量れないレベルではないだろうか(笑)。

 

|

« オーロラエクスキューション | トップページ | …… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/43269969

この記事へのトラックバック一覧です: 純粋検定批判:

« オーロラエクスキューション | トップページ | …… »