« 天地を喰らうと人が余る | トップページ | 失われた曜日感覚を求めて »

2009年4月 6日 (月)

1万円と2千円くれたら愛してる

 少し気が早いが、定額給付金1万2千円をどう使うかだが、果たして1万2千円とはそれほどありがたい額なのであろうか?

 麻生総理が好きらしいマンガの単行本では30冊も買えない金額である。古本屋の1冊100円のマンガなら120冊買えるという計算をした方がいいのだろうか?
 ゲーム関係では精々ソフト2本程度がいいところだろう。派手に使って欲しいというのなら、据え置きのゲーム機を買いたいものである。
 DVDは叩き売りでもない限りBOXを買うこともできない。BOXというかせめてアニメ1シーズンぐらいは1度に揃えたいものである。

 正直、1万2千円というのは奮発すれば出せなくもない金額なのである。
 本当に景気を刺激しようというのなら最低でも1人3万円ぐらいからバラ巻いた方がよかったのではないだろうか?
 3万円あれば、買いそびれたるろ剣の完全版やウルトラマンレオのDVDを揃えたりできるんだろうけどねぇ。

|

« 天地を喰らうと人が余る | トップページ | 失われた曜日感覚を求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/44631587

この記事へのトラックバック一覧です: 1万円と2千円くれたら愛してる:

« 天地を喰らうと人が余る | トップページ | 失われた曜日感覚を求めて »