« 地デジの星 | トップページ | 1万円と2千円くれたら愛してる »

2009年4月 5日 (日)

天地を喰らうと人が余る

 大河ドラマの「天地人」だが、さすがにこれ以上の視聴には耐えれないと判断して切ることにした。

 後年、冤罪で殺してしまった下男の家族が「下男を生き返らせろ」とごねたら、閻魔大王宛ての「この者たちを使いに出すので下男を生き返らせて欲しい」という手紙を持たせて皆殺しにするような素敵な直江兼続の甘すぎること甘すぎること。
 当時は戦国時代である。敵を生かしておくということがどういうことになるかは平家物語程度の教養があれば常識だろう。平清盛は頼朝や義経に情けをかけて生かしてしまったために、一門滅亡という結末を招いたのである。大阪の陣で豊臣氏を滅亡させた家康はそのことを踏まえていたのである。数百年前の平家のに例を求めなくても、天地人の1話で景勝の父親がどうなったかを覚えていないのだろうか?
 それに、劇中の描写では「御舘の乱」の兆候は謙信存命時から見え隠れしていたはずである。自分が死ねば家中が割れることを考えずに死んだ謙信を暗にバカだとでも言いたいのだろうか?
 バカといえば、御舘の乱のきっかけとなった柿崎晴家の景勝の屋敷への奇襲だが、完全武装で奇襲した方が一方的に返り討ちにあうというのはどれだけマヌケなことか理解できているのだろうか? 本能寺の変がどういう展開だったか知ってますか? せめて、兼続が事前に奇襲を予測していたぐらいのフォローは欲しいものだが。

 御舘の乱の景勝サイドの勝因は、本丸を占拠したことと、そこにある資金を元手に武田を懐柔したことである。
 天地人では、謙信の葬儀の夜のうちに本丸を占拠していたが、これは兼続ではなく父親の差し金によるものとなっていた。景勝も父親からの報告でそのことを十分承知していたはずである。論功行賞になれば、兼続よりも父親の方が勲一等であるはずである。兼続はあくまで父親の命に従っただけなのだから。
 しかし、現実には父親ではなく兼続が勲一等で婿養子の形で直江家に入り、直江兼続となって権勢を振るうわけである。これでは、お気に入りの家臣を贔屓しただけになるのではないだろうか。論功行賞が原因で反乱が起きるのも当然だろ。

 とにかく、兼続を含めて登場人物をいい人に描きすぎである。そして、そのしわ寄せを父親を含めた周りの人間に転嫁してるから性質が悪い。
 視聴を切ると宣言しておいてなんだが、御舘の乱では、戦にならないように動いてた兼続さんがどういう心変わりをして積極的に家康との対決路線を明確にして関ヶ原への道を進んでいくのかには多少興味がある。豊臣の天下を奪おうという家康に義が無いというのなら、織田の天下を掠め取った誰かさんとはどうして戦わなかったのかにも興味が尽きない。

|

« 地デジの星 | トップページ | 1万円と2千円くれたら愛してる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/44613023

この記事へのトラックバック一覧です: 天地を喰らうと人が余る:

« 地デジの星 | トップページ | 1万円と2千円くれたら愛してる »