« 1万円と2千円くれたら愛してる | トップページ | 歴史番組はNHKに限る »

2009年4月 7日 (火)

失われた曜日感覚を求めて

 人間は何を以って曜日感覚を維持しているのであろうか? 
 海軍では、決まった曜日にカレーを出すことで曜日感覚の維持していたという。逆に言えば、曜日感覚の維持というのは、人間が社会生活を営む上で欠いてはならないからといえないだろうか。
 多分、学生の頃は、授業の時間割で曜日感覚を維持できただろう。しかし、大人になると学校で授業を受けることはない。大人が学生時代同様の曜日感覚を維持するもの、それはテレビ番組である。
 「今日はドラえもんがあるから金曜日」「ふしぎ発見があるから土曜日」というのが20年以上前から体に染み付いている曜日感覚である。

 ところが、この度、TBSは春の大改編だとかで多くの番組が曜日移動となってしまった。
 フレンドパークが木曜日だったり、うたばんが日曜日だとか毎週見てた番組ではないのに違和感がありすぎる。それに、ゴールデンタイムにニュース番組を入れた所で、NHKのニュースに勝てるとでも本気で思っているのだろうか?

 全然関係ないが、その昔、蜀が魏に滅ぼされる遠因となったのは、魏延が整備した漢中防衛体制を姜維が変更したからというのもあるらしい。
 物事には必ず弊害というものが存在し、多くの場合、実行されるまで決してそれらが表に出ることはない。しかし、それでいて少し考えれば分かりそうなことばかりだから性質が悪い。
 TBSは大々的に宣伝した大改編の弊害をどこまで認識できていたのだろうか?
 

|

« 1万円と2千円くれたら愛してる | トップページ | 歴史番組はNHKに限る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/44838555

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた曜日感覚を求めて:

« 1万円と2千円くれたら愛してる | トップページ | 歴史番組はNHKに限る »