« I Want WRESTLING | トップページ | 壊し屋本舗 »

2009年5月10日 (日)

蛇に翼をつければ神様になる

 「けいおん!」で文化祭のライブシーンがPV調だったのでハルヒのライブシーンの再現を期待していたファンの間では賛否両論だとか。
 まぁ、放送が3週間ぐらい遅れてるこの辺では、さわちゃんが本性を現してないので直接関係ないことにょ。

 というよりも、件のライブシーン。原作にはない。“ない”というか、始まったら次のページで終わってるのが正確な表現だ。そりゃ、基本的に4コマまんがだから、各人の演奏してる絵を描けばそれで終わりである。
 対して、ハルヒのライブシーンは小説なので挿絵はハルヒと長門の演奏場面の1ページのみだがライブシーンにはその挿絵を入れて8ページも割いている。
 つまり、ハルヒと比べてけいおんはライブシーンを必要としていないのである。特にハルヒのライブシーンは演奏で観客を魅了して軽音楽部の人間にも感謝されるほどだったのだから、現実で見ている人間をも唸らせなければ嘘になってしまう。逆に、けいおんでいきなりハルヒのようなライブシーンが挿入されたらどうなるだろうか? 多分、浮く。

 「けいおん!」の魅力はバンド活動ではない。テニスとタイトルに関して、全く別の格闘技を描いたマンガだって世の中には存在するのである。別に何の問題もないだろう。どこぞの南さんの家の三女が言っていたように、過度の期待はしないことだ、これもそういうアニメなのだから。

 三国志の司馬懿は速攻が得意だったにもかかわらず、孔明との決戦においてはそれを捨てて持久戦に持ち込んで勝利することができた。原作を生かすためには、ファンの期待を裏切ってでもライブシーンを描かないという姿勢こそが、原作モノに強いといわれる京アニの強さではないだろうか?
 仮に、ハルヒのライブシーンを再現できるアニメーターがもういないからだとしても、それはそれで怪我の功名というか恐るべき悪運だ。

|

« I Want WRESTLING | トップページ | 壊し屋本舗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/44992465

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇に翼をつければ神様になる:

« I Want WRESTLING | トップページ | 壊し屋本舗 »