« 蛇に翼をつければ神様になる | トップページ | ぴょんうー »

2009年5月11日 (月)

壊し屋本舗

 民主党の小沢代表が辞任したそうであるが、それとは直接関係なく小沢一郎氏が何故「壊し屋」と呼ばれるかに関してはアニメや特撮番組の中に答えが隠されている。

 早い話が、陰から組織をコントロールするタイプの人間が表に出ることの意味を考えればいいのである。つまり、自分の傀儡にできるような適当な人間がいないということ、組織としての人材の枯渇の証明なのである。悪の組織の首領が直接出撃するのは怪人や幹部が全員倒された時と同じような状況が、小沢一郎氏が表に出るときなのである。

 福田前首相が官房長官時代、年金未納を理由に辞任したことがあった。これに困ったのは同じ未納兄弟だった菅代表である。辞任しないとごねてる間に先手を打たれて自爆に巻き込まれた形である。FFⅤの最初のエクスデス戦で死の宣告のカウント残り9秒のレナを自爆させて多少のダメージを与えたことがあったが、犬死させるよりは敵に多少のダメージをというのはゲームだからの発想だろうか?
 三国志大戦で言えば、SR孫策1人残して味方が全滅したら、とりあえず、小覇王の蛮勇(簡単に言えば、自爆技)で味方が復活するまでの時間稼ぎぐらいはするだろう。

 別に世間の声は議員辞職までを求めていたわけではなかったのだから、最初の内に大人しく辞任しておけば、自民党にも何らかのダメージを与えることができたかもしれないのに、何をしていたんだろうか?
 どうにも、自民党政権を終わらせることよりも自分が内閣総理大臣になることを優先した結果このようなグダグダになったというのが真相ではないだろうか。

|

« 蛇に翼をつければ神様になる | トップページ | ぴょんうー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/44989632

この記事へのトラックバック一覧です: 壊し屋本舗:

« 蛇に翼をつければ神様になる | トップページ | ぴょんうー »