« 虚空の戦場 | トップページ | わくわく脳内ランド »

2009年10月 1日 (木)

僕たちはオタクエリートの表紙をやったことを忘れない

 自民党の惨敗に終わった衆院選から早一ヶ月。
 結果誕生した民主党を中心とした鳩山内閣はマニフェストを実現に向けて動き出しているが、何か根本的な勘違いをしているのではないだろうか?
 「君主論」のマキアベッリ曰く、「大衆とは常にベターな方を選ぶものである」だそうである。つまり、国民はあくまで自民党か民主党かを選べと言われたから、今回は民主党の方がベターであると判断しただけで、民主党のマニフェストを積極的に支持したわけではない。
 「砂漠で干からびて死ぬの」と「冬山で凍えて死ぬの」では個人的に夢を見ながら逝けそうな後者を選ぶが、他人からは冬山で凍死するのが大好きなんて思われてしまうだろうか?
 大体、民主党のマニフェスト(他党のものも含め)を読んだ人間が有権者の何%だろうか? 多分、「涼宮ハルヒの憂鬱」を読んだ人間の方が数としては多いのではないだろうか?

 何にしても今の民主党はやりすぎのような気がしてならない。
 それこそバカの一つ覚えのようにマニフェストに書かれたことを実現させようとしている。マニフェストってのはゼーレの死海文書並に有難いものなのだろうか? もっとも、ゼーレには予定と違うことが起きても、その場その場で対応して計画を進める臨機応変さが見られたが。脱官僚の政治主導を訴えてるが、実際の閣僚のほとんどは自らの政策立案能力は皆無で、マニフェストという名の命令を実行に移すだけの人形なのではないのかという疑惑さえ浮かぶ。特に、前原国土交通大臣のダム建設中止にかける意気込みは、親から「誰も家に入れてはいけないよ」と言われて、瀕死で助けを求めている人すら追い返すぐらい融通の利かない子供のようなものがある。

 っていうか、仮にこの先2大政党制に完全移行したとして、良くない流れではないだろうか?
 つまりこの先、政権交代が起こるたびに、それまでの政策や法律や予算が見直されるなどして、政治の動きが止まる。他の2大政党制の国がどうなってるかはよく知らないが、日本では確実に政権交代の度にこのような現象が起こることだろう。

 今回の選挙で、民主党に投票した人間の何割かは「アレだけいうのだから1度政権をとらせたらどうなるだろう?」という程度だろう(世論調査にそのような選択肢があったかは知らない)。
 サンプル品を手にしたつもりで、製品を買ったときと同じ金額を要求されたらよほどのことがない限りクーリングオフだ。

 鳩山内閣を見ていると、野党に転落したら2度と与党に戻ることがない転落の仕方をするのだろうなぁ~と思わずにはいられない(そして、絞り粕になった民主党は解党でもして、次の新しい政党に生まれ変わって、某壊し屋さんの面目躍如になるのだろうなぁ)。

|

« 虚空の戦場 | トップページ | わくわく脳内ランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/46358999

この記事へのトラックバック一覧です: 僕たちはオタクエリートの表紙をやったことを忘れない:

« 虚空の戦場 | トップページ | わくわく脳内ランド »