« 僕たちはオタクエリートの表紙をやったことを忘れない | トップページ | 八つ墓村の200倍以上 »

2009年10月 2日 (金)

わくわく脳内ランド

 ゲームばかりやってると、虚構と現実の区別がつかなくなり、平気で犯罪行為に走れるらしい。
 なんとも悲しいことである。せっかく、現実のしがらみから解き放たれたというのに、犯罪行為という低俗なことしか考え付かないなんて。
 やはり、普通の人間(?)なら、最初に「I can fly!」と叫んで大空に飛び立つものではないだろうか? ホラ、俳優で大空に飛び立って無事だった人もいたじゃない…。

 まぁ、そんなことはどうでもよくて、人間は時として妙な電波を受信するものである。というか、そうでないと説明できないような思い付きをしてしまう。世の中には、そういう電波が受信できなくて特別なお薬を使う人間もいるようだが…。

 で、今回受信した電波によると、昨今のアニメやゲームでは「男の娘」というジャンルが成立している。ということはだ、女性声優の中にも1人2人男の娘が混ざっていてもおかしくない時代なのである(既におかしいのは誰の頭か…)。
 じゃ、誰が男の娘なのかだが、能登麻美子さん辺りではないだろうか?
 理由は、何故か女性声優に持てまくる。一部の趣味の人間の間では「愛と悲しみの能登サークル」なんて呼ばれるぐらい、多くの女性声優から求愛を受けている。本当に男だった日には、ちょっとした学生時代的なイベントが起きること間違いないだろう。

 しかし、かつて、能登さんに川澄さんをお姫様抱っこして欲しいというメールを送って採用されてニヤニヤしてた人間としては、複雑な電波を受信してしまったものである。

|

« 僕たちはオタクエリートの表紙をやったことを忘れない | トップページ | 八つ墓村の200倍以上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/46409453

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく脳内ランド:

« 僕たちはオタクエリートの表紙をやったことを忘れない | トップページ | 八つ墓村の200倍以上 »