« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月 3日 (水)

「宮沢りえ」は黒歴史

 貴乃花親方がめでたく理事に当選されたそうである、100%落選と思ってたんだけどねぇ。
 しかし、あのマスコミの過剰なまでの貴乃花親方への肩入れはなんだったのだろう? まるで、政権交代したけど不甲斐ないどこかの党への当てつけのようにも感じられたが。

 それにしても、この状況は本当に貴乃花親方にとって好ましい状況なのだろうか?
 本当は、落選して「改革を求める自分を落選させる旧態依然とした相撲協会」を世間に訴えるつもりが、当選してしまって案外困っているのかもしれない。
 相撲に改革が必要だというが、その改革が成功した暁には相撲協会が、もっと言えば角界がどのように素晴らし状況になっているのだろうか、全くと言っていいほど伝わってこない。それこそ、子供のなりたい職業のベスト10に「相撲取り」がランクインするような時代が来ればいいとでも思っているのか?

 そもそも、相撲とは何なのだろうか? WWEのビンス・マクマホン会長は「プロレスはショーだ」と断言しているが、相撲はスポーツなのか、伝統芸能なのか、国技なのか、ショーなのか。その辺の定義が曖昧なままでは何も始まらない。視聴率低迷を理由に、日テレすら巨人戦の放送を減らしているご時世に、国営放送の手で全国、BSでは一部の世界にもに完全生中継されるスポーツが他にあるだろうか? 協会の既得権益にメスを入れるというのなら、このぬるま湯にいつまでつかってるつもりなのか。

 角界と直接関係ない人間としては、この優遇された環境で相撲がダメになる状況というのが分からない。少なくとも、貴乃花親方が普通にしてれば理事になれると言われていた2年の間で今より悲惨な状況になっているとは想像できない。まさか、NHKが中継打ち切りを決定したり、興業を減らさなくてはならない状況にでもなるのだろうか?
 新弟子不足云々を言うなら、相撲そのものが時代遅れと諦めるしかないだろう。職業として成立する格闘技は今の時代、相撲だけではないのである。まして、メタボが完全定着してるこのご時世に最初からデブの人間以外で誰が好き好んで相撲を始めるというのか? まずは相撲取りのあの体型をどうにかして、親方が死んだ時しか洗わないというまわしも清潔にするようにして、イメージを良くした方がいいだろう。
 完全な邪推だが、協会が朝青龍を厳しく処分できないのも、朝青龍が相撲以外で相撲以上に稼ぐことを警戒しているからではないだろうか?

 ところで、貴乃花親方が一代名跡「貴乃花」を許された時点で、相撲協会は何かしらの予感があったのではないだろうか、「大名跡二子山を傷つける可能性があり」と。
 そうでなくても、現役時代から相撲と関係ない所で色々とあった人である。新聞のコラムでは「相撲道の邁進のために、兄とも仲違いをし」みたいに書いてあったが、「整体師」と「洗脳」という言葉はみんな忘れてしまったのだろうか?

 それにしても、現役時代の自分の輝かしい実績を楯に今回の理事戦出馬強行。並の親方ならとても真似できたことではない。それでいて、親方になってからの自分の実績は棚に上げるのだから、まともな改革の出来る人間とはとても思えないんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »