« 声優泡ーど | トップページ | オタクの作り方 »

2010年3月 8日 (月)

第一種警戒態勢

 受賞と言えば、WWE殿堂にアントニオ猪木氏が迎えられるそうで、レッスルマニア前日の殿堂入り式典で数多のスーパースターの祝福を受けることになるだろう。実に喜ばしいことであるのか?

 たしかに、WWE殿堂と銘打ってあるが、今は無きライバル団体であったAWAのバーン・ガニアも受賞したように「プロレスに貢献した人間を迎える」という意味では、WWEの枠に収まっていない。WWEとケンカ別れしたカート・アングルだって、いずれは殿堂入りするだろう(WWEにいた頃から「殿堂入り確実」とアナウンスされていたわけだし)。まぁ、人生の最期であんな事件を起こしてしまい、ロイヤルランブルの歴代優勝者の中から名前を消されてる某氏が迎えられることはないだろうけど。

 ところで、AWAという団体がどうして今は存在しないのか? AWAの方にも色々問題はあったかもしれないが、最大の原因はWWE(当時WWF)の全米マット統一計画によって選手を引き抜かれ、最終的に団体を買収されたことである。WWEではない団体であっても、AWAに関する権利関係はすべてWWEが押さえているのである(「レガシー・オブ・AWA」というAWAの興亡を描いたDVDも出ている)。バーン・ガニアをWWE殿堂に迎えたことは、団体の垣根を越えたわけではなく、AWAもWWEの一部という意識の現れでもあるのだ。
 WWEの会長ビンセント・ケネディ・マクマホンは恐ろしい人間である。アメリカのプロレス団体を統一してしまったのだから。
 それこそ、プロレスの世界では、始皇帝や織田信長、ナポレオンのような人物である。ストーンコールドに銃を突きつけられて失禁したり、服従を迫り尻に口づけをさせるような変なおじさんだけではないのである。

 そんなビンスもかつて日本のマットも支配下に置こうとしたことがある。しかし、かのジャイアント馬場さんが「オレがマティソン・スクエア・ガーデンで王座戦をしてた時にリングサイドにいたガキに好き勝手させてたまるか」と一喝されて、諦めたそうである。
 その馬場さんのライバルであるアントニオ猪木氏のWWE殿堂入り。直接見聞きしてるわけではないが、資料によると、本当にアメリカのマットで成功したのは、馬場さんとグレート・ムタだけだそうである。殿堂入りの功績は馬場さんの方が相応しいのである(ノーベル賞と違って、故人でも殿堂入りする)。実際、JR(実況のおじさんだけど、本当は副社長でもある)のブログにも「アントニオ猪木はどういう功績で殿堂入りするのでしょうか?」という質問が来てたし。

 さて、どうして、馬場さんでなくアントニオ猪木氏の方を殿堂に迎えるのか。それは、生きている猪木氏の日本人への知名度を考えてのものではないだろうか? 猪木氏本人の悪い噂は絶えないが、生きてる人間では1番日本人に馴染み深いプロレスラーだろう。そんな猪木氏をWWE殿堂に迎える。別にハルク・ホーガンやリック・フレアーが殿堂入りしても特にWWE殿堂を報道してこなかった日本のマスコミが猪木氏の殿堂入りに当たって、ヤフーのトップにも出る程度に報道していた。

 これは、WWEの日本進出の前触れではないだろうか? 猪木氏をWWE殿堂に迎えることは大昔で言えば、金印を与えるようなものである。そりゃ、定期的に日本公演を行ったりして、日本進出はしてるだろうけど、もっと深いレベル、例えば、シルク・ドゥ・ソレイユの日本の常設舞台のように、日本に参加の団体を送り込むとか。
 多くの日本人は知らないだろうけど、日本のプロレスのレベルの高さは世界レベルである。向こうのマニアの間では、日本の試合を収録したビデオが密かに流通してるとか。さっきの名前を消されてる某氏も「ニュージャパンのドージョーで鍛えられてたんだ」と解説されてたし。
 正直、最近のWWEのスーパースターは試合が面白くない(個人的に去年のベストバウトはアンダーテイカーvsHBKのベテラン同士の一戦だと思うし)、試合巧者が少なくなっている。だから、日本のプロレス技術は喉から手が出るほど欲しいのではないか。

 ペリーの黒船だって、予告なしで突然現れたわけではない。その前から、民間レベルでアメリカ船は日本に来ていたし、オランダ商館経由でペリー来航の情報は幕府にもたらされていた。
 そりゃ、杞憂かもしれないが、WWEによる本格的な日本への進出、ゴジラで言えば、第一種警戒態勢を発令してもおかしくない状況だと思う。
 当の猪木氏自身は、自分のWWE殿堂入りがそういう事態を招くことを予想してるのだろうか? 予想してたら新日を追い出されてないか。

|

« 声優泡ーど | トップページ | オタクの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/47762915

この記事へのトラックバック一覧です: 第一種警戒態勢:

« 声優泡ーど | トップページ | オタクの作り方 »