« 高校生クイズはヘキサゴンに道を譲れ | トップページ | 平野家物語1 »

2010年9月12日 (日)

ふしぎ発見の不思議

 なんと、「世界ふしぎ発見!」2週連続で初出演のAKBの人がパーフェクト達成の怪挙である。
 野々村真さんがふしぎ発見25年の歴史の中で2回しかパーフェクトを達成していないことを考えたら、これがどれだけ凄いことかは理解できるだろう。

 しかし、今までのふしぎ発見でヤラセと思わしき場面がなかったわけでもない。
 例えば、それまで的外れな解答ばかりしていたゲストが急にまともな正解をする時などがそうだ。まぁ、番組的に言えば、せっかくゲストに出てもらったのに1問も正解できずに帰らすのは悪いからという配慮なのだろうけど、目の肥えた視聴者にはバレバレだろう。

 それにしても、パーフェクトを達成させた意図が理解できない。
 そりゃ、ふしぎ発見でパーフェクトを達成すれば、インテリ芸能人(?)の称号が手に入るのかもしれないが、上記の通り視聴者には半分バレバレだし、そのインテリ芸能人というポジションをキープするためには、今後どれだけの労力が必要になるかを考えると、気が遠くなるだろう。
 変な話だが、ふしぎ発見というのは正解を出すよりも間違った解答を自分がどういう考えで導き出したかを説明する時に本当の知性が分かる番組である。今回で言えば、ロバート・キャンベルさんとか。
 まぁ、AKBの中ではそれでインテリということで成立するのなら理解できなくもないが…。


 それにしても、「世界ふしぎ発見!」は今年で25周年だそうである、おそらく番組のMVPは野々村真さんで間違ないだろう。
 先程も話に出たが、20年前のふしぎ発見のクイズは難しすぎた。多分、今の高校生クイズで出しても遜色ないレベルで(もっとも、番組では編集されてるが、解答を考える時間は10分以上あったりするわけだから、それを早押しでやったりする高校生クイズがどれだけ異常かは…)。
 野々村さんは、普通に間違える。別の番組での草野さんの言葉を借りれば、「他の人よりも解答に時間をかけるのに間違える」そうである。

 では、そんな野々村さんがどうしてMVPなのか。
 それは、ゲスト解答者が安心して間違えれることだろう。昔、野々村さんが出した本のタイトルが「0点でも1等賞」だったと思うんだが、間違っても明るい野々村さんがいるからこそ、ゲストは間違っても卑屈にならずに済むのではないだろうか。

 ただ、自分の中では問題が4問から3問に減った時点で、クイズ番組よりも旅番組のようなモノとしてふしぎ発見を視聴してるわけで。 

|

« 高校生クイズはヘキサゴンに道を譲れ | トップページ | 平野家物語1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/49428338

この記事へのトラックバック一覧です: ふしぎ発見の不思議:

« 高校生クイズはヘキサゴンに道を譲れ | トップページ | 平野家物語1 »