« SHADOWMARU | トップページ | わたしたちの福山市 »

2012年9月 8日 (土)

2年ぶりの更新

 別に病気をしてたとかそういう事情はなく、単に更新してなかっただけです。
 もっと言えば、更新しようと考えても再開させるタイミングが掴みづらかったというか何と言うか。
 それならいっそ、どうでもいい時に再開してしまえという訳で、再開すること自体に意味もありません。

 更新してない間もアニスパでの落書犯とかで検索してこのブログを来てた人が多かったみたいで、ありがとうございました。
 それこそ、「氷菓」の折木奉太郎じゃないけど、こういうのは運なんだろうね。
 犯人が中川翔子だという結論を出したけど、そもそも中川翔子が死ぬほど嫌いでなければ、出なかった結論だし(笑)。
 簡単に言えば、偏見や色眼鏡と言った歪んだ思考の賜物であるわけなんだよね。

 例えば、そのような思考を応用すれば、タモリ俱楽部でのカブトガニ事件で中川翔子の実年齢は35歳ぐらいという結論を出してしまう訳なのですよ。
 オタクとして個人的に中川翔子には何か違和感があるんだよね、エセオタと叩かれる中でもガチだと言われる特撮、それも戦隊関係の知識で。
 生まれた時から戦隊シリーズが始まってる人間にだけ通じる法則だが、1番思い入れのできる戦隊はごっこ遊びをしたり、玩具を買ってもらえる時期の戦隊、時期にして幼稚園前後である。オレで言えば、「電撃戦隊チェンジマン」という具合。傍証として、林原めぐみ閣下は「子供の頃、モモレンジャーになりたかった」とラジオで言ってたし、池澤春菜嬢が「ゴーグルピンクになりたかった」と言ってた記憶もある。
 今はどうか知らないが、デンジマンが1番みたいなことを言ったような記憶があるんだよね。デンジマンの本放送は1980~81年、つまり、その時期に幼稚園前後だったということは…。

 少し関係ない話になるけど、中川翔子は平野綾ちゃんがAYA STYLE事件を起こした頃、囲み取材でおすすめのアイドルを聞かれて「おすすめのアイドルは声優の平野綾ちゃん、“水着”にもなったりするから」と平気で言えるような人間である。この時期、平野綾に「水着」という単語は禁句だったはずである。当時のラジオのスタッフも本人が話題にするまで気を使ってたぐらいである。ネットに詳しい設定の人間が水着を逆に着て写真集に載ってるという事件を知らなかったでは沽券にかかわるだろう。
 いじめ問題にコメント出してたけど、陰湿ないじめってのはこういうのを言うんじゃないかなぁ(笑)。
 そういう人間が田村ゆかりとカブトガニを結び付ける時に、どういうことを考えるんだろうね…。
 実年齢の近い人間が17歳を自称してるとはいえ、実年齢のままでアイドル的な活動を行える存在は実年齢を偽ってアイドルとしては落ち目に入った人間にどう映るのだろうか?
 中川翔子は田村ゆかりのファンだからどうとか言って擁護してる人間がいたけど、田村ゆかりのライブに行ったという話は聞かないよね、他の声優のライブとかには行ってるのに。

 それにしても2年ぶりの更新で何書いてるんだろうね(笑)。

|

« SHADOWMARU | トップページ | わたしたちの福山市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190936/55604439

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの更新:

« SHADOWMARU | トップページ | わたしたちの福山市 »