2009年10月30日 (金)

女装ダンスに秒殺KO、あいつは変態だ

 長島☆自演乙☆雄一郎選手がまた秒殺KO負けをした。不謹慎発言であることを承知の上で書くが、彼には早く死んで欲しいのだが、ここまでの敗戦は期待もしてなければ、予想もしていなかった。つまり、格闘技素人すら考え付かないレベルでのクズということなのだろう。

 死んで欲しいと書いたが、冗談で言ってるわけではない。
 例えは悪いが、中国人がアメリカで日本人の振りをして日本料理屋をオープンし、そこで出されたフグ料理が原因で何人もの死者が出て、日本料理が大バッシングを受けているようなものである。自演乙はこの中国人レベルのことをやっているのである。
 これは自演乙をエセオタをした場合の例えであるが、そうでなくても勝手に会社の金を増やそうと博打で使い込んでしまった日には、買っても負けても立派な横領罪になるだろう。例え会社の金を増やそうという善意(?)出会っても使い込みは使い込みだ。勝手にアニメファン代表みたいな面をしてテレビで醜態を晒した日には、死んで詫びるぐらいはして欲しいが、最低でも頭を丸めて秋葉原駅前辺りで一日中土下座するぐらいしても罰は当たらないだろう。

 自演乙をエセオタを断言したが、税金の無駄使いと同じ理屈である。官僚にしてみれば、税金は自分の金ではないからいくらでも使えるように、自演乙にとってのオタクの権威(オタクにそんなものがあるのか知らないが)は傷ついても傷つけても痛くも痒くもないものなのだろう。つまり、彼はこちら側の人間ではない。
 オタクとは、定義が定まらないが故に発展したというのが自説だが、昨今、その定義を悪用してオタクに自分の居場所を求める人間が多いように思える。

 自演乙もその1人だろう、自分の女装癖を満足させることができれば十分なのである。コスプレと称して、女装した自分を人前で晒すことで快感が味わえればいいから、「ハレ晴レユカイ」のダンスもいい加減で構わない。
 そして、本来武士でなかった幕末の新撰組が武士以上に武士であろうとしたように、その手のエセオタは自分たちがオタクである既成事実をより過激な方向で示そうとする。更に、そうやって目立つことで、同じ穴の狢たちが集まり収拾がつかなくなる。
 それが、今のオタク界の実情ではないだろうか? そして、その流れを呼び込んだ元凶は自称オタクのあのタレントであることはほぼ間違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

Анкоку Жигоку Гокураку Отоши

 プロ格闘家への転向を表明した石井慧選手、見た目や言動や態度が「スラムダンク」の森重寛と重なるのは自分だけだろうか?

 しかし、恐れを知らぬというか、何もわかっていないだけなのか知らないが、彼は自分が負けるということの意味を理解していないのだろう。
 石井選手が金メダルを取った北京五輪で、メダルも獲れずに良いところなしで帰ってきた星野ジャパン(とりわけ星野監督)がどれだけ叩かれたかを見てないのか(まぁ、見てなさそうだけど)。
 国の威信を背負って五輪に出場し無事金メダルを獲ったから理解できていないのかも知れないが、今度は柔道というものを背負わされてるのである。数年前の大晦日、曙がボブ・サップにKO負けをした瞬間、一部で叫ばれていた相撲最強説が揺らいだのと同じように、総合格闘技で石井選手が負けることで、日本柔道(五輪金メダリストだから下手すれば柔道という競技そのもの)の威信が大きく傷ついてしまうのである。
 ちなみに、曙の時は「横綱といえども所詮は引退した身」という弁解の余地はあった。他のプロ格闘家に転向したメダリストの先輩方もピークを過ぎてからの転向であった(まさか、どこかのオーガみたいに未だにピークに達してないわけないだろうし)。
 プロ転向前から負けた時のことを考えるような弱腰ではダメなのかも知れないが、少なくとも本人以外の柔道関係者が1番恐れてるのは、ロンドン五輪も狙える有望選手やあとに続く選手の流出よりも、そんな現役最強選手が負けて、柔道が弱いと思われることだろう。

 それにしても、石井選手はプロで通じるだろうか?
 格闘技に関しては、全くといって良いほど素人なので技術的な面ではその強さは分からないが、思想や精神的な面から見れば、確実に大成することは無いと断言できる。
 高校の頃の模試の評論文だったと思うが、ボクシングのアリやフォアマンには信仰心があったが、タイソンにはそういう精神面を支えるものが何もなかったからああなったという感じの文章があった。信仰心というと日本人になにじみが無いかも知れないが、○○道と言ってしまえば、理解しやすいだろうか。何にでも「道」をつけるのが日本人と言われるが、道と付けば、それは限りなく宗教行為に近付くのである(それはまた別の話)。
 柔術と呼ばれていたものが柔道となった時点で、それは限りなく宗教行為になっていたのである。石井選手は割りと簡単に柔道を捨てれたようである。果たして、転向した先にプロ格闘家道なんてものが存在するだろうか? プロ格闘家になった諸先輩も自前の柔道の道場を持っていたりと、柔道家の魂や誇りを忘れていないようである。
 
 結論から言えば、勝ってるうちは良いだろうけど、負けた時にそこからズルズルと落ちていく。
 落ちたところで、そこから再起することは難しいだろう。ほら、ちょうどさっき名前の出たボブ・サップのように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

官渡と赤壁

 阪神の岡田監督がペナントレース2位だったにも関わらず13ゲーム差を引っくり返されたことで、辞意を表明したそうだが、これまでの成績を考えれば、辞める必要が無いとか、他にも辞めるべき監督はいるのではないかという声もある。

 先日の「その時歴史が動いた」で取り上げられた三国志の中の3つのその時の内の2つは「官渡の戦い」と「赤壁の戦い」であった。この2つ、戦争によってその後の歴史の流れが決まるという結果をもたらしている点では似ているが、決定的な違いがある。それは、敗者がその後どうなったかという点である。
 前者の官渡の戦いの後、敗戦のショックで袁紹は病死。その後、生前の袁紹が後継者に長男でなく可愛がっていた三男を選んだことで、内部分裂を起こり、互いに争って弱体化したところを個々に倒され滅亡した(しかも、天才軍師郭嘉にその流れを予見されるオマケ付き)。
 後者は、その後の本格的な呉への侵攻を諦めただけで、曹操自体は大してダメージを受けていない。主だった武将で戦死した者もいなければ、その後、攻めてきた周瑜を何度も撃退している。研究者の中には、赤壁で敗戦をした割にその後も勢力が衰えていないことから赤壁の戦い自体が存在しなかったのではという説を唱える人間もいるらしい。
 つまり、戦争で敗戦しても直には滅亡しないのである。現に官渡の勝利直後では曹操も本格的に袁紹の領土に攻め込むことはできなかったのだから。敗戦処理の方法を間違えると滅亡するのである。

 今回の岡田監督は敗戦処理の方法を完全に間違えている。
 福田前首相を一番いいタイミングで辞任したと評していた評論家がいたが、岡田監督は1番最悪のタイミングで辞めたといっても過言ではない。
 良し悪しはともかくクライマックスシリーズがまだ控えている。去年の中日などの例を見ればリーグ2位からでも日本一を狙うことは十分にできるはずなのである。しかも、日本一は星野前監督ですら達成できなかった悲願である。阪神ファンなら13ゲーム差を引っくり返されたことなど道頓堀にでも放り込んで忘れてくれるだろう。
 そんな夢物語よりも、去年のCSや日本シリーズでの歴史的な惨敗が頭をよぎってしまったのだろうか? 妙なところだけ現実を見てしまうのだろうか。

 岡田監督は、長期的なシーズンを戦うことは得意だが短期決戦に弱いだけという阪神ファンもいたが、シーズン以上に長期的なチーム運営も苦手なようだ。
 年間80勝したのとほぼ同じであろう戦力で来季に雪辱をしようと監督が考えれないのである。新しい暗黒時代の始まりを告げるには十分ではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

他に戦うモノがあるだろう

 偶然、録画した番組を見終えたらNEWS23の「ウツと戦うプロレスラー」という特集をやっていた。
 ウツ病についてはおいて置くとして、この特集は果たして報道番組の特集として正しかったのだろうか?
 全部を見たわけではないのだが、あくまでプロレスを真剣勝負として扱ってるナレーションのような気がした。

 プロレスを貶めるわけではないが、ブック(台本)なしでプロレスの試合は成立しない。
 別にそれをプロレスの暗部だとは思わないし、プロレスの面白いところだと思う。

 ウツ病を扱う難しさはあるのだろうけど、そこに一切触れないというのは頭隠して尻隠さずとでも言うべきか、そういういい加減さが、ウツ病のほうもいい加減に扱ってるような印象を与えないだろうか?

 かつてはゴールデンタイムに放送されていたプロレスが深夜にひっそり放送されるようになってしまった原因を、もう少し考えるべきではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

怪獣対超獣対宇宙人

 球春到来ということで、今年もプロ野球が開幕し、春の選抜高校野球は開催中で、日本で一足先に開幕を迎えたMLBも開幕した。
 しかし、昨今のプロ野球に対する世間の冷たさはなんだろうか? 地上波での試合放送が極端に減った挙句、試合も最後まで放送されないという不遇。こんなのでどうやってプロ野球人気が再び盛り上がるというのだろうか?

 それはさておき、甲子園とMLB、プロ野球に否定的な人間ほどこれらの方が面白いとか、素晴らしいという。
 曰く、プロと違って一試合一試合全力を尽くしてる高校球児がいいだの、日本人選手よりもレベルの高い試合が見れるだの。ふと思ったのだが、すべてプロ野球と比較した上での魅力でしかないのではないだろうか?
 プロ野球というものの存在を頭から消し去った上で、甲子園やMLBの魅力は存在するのだろうか?

 甲子園だって、言い方は悪いが旧時代的とでも言おうか、軍隊的な根性論の世界を未だに引きずってそれを「感動」の二文字で無理矢理覆い隠しているような気がする。今時プロでもあんな連投はさせないだろう。バトルマンガではないが、ベストの状態でないもの同士が試合をして何が楽しいというのだ? RPGのように宿屋で一泊したらHPもMPも全快するわけではないのが人間である。MLBのスカウトは夏の甲子園で活躍した投手はリストから外すそうである。何故なら真夏の炎天下で連投した投手の肩が無事なわけではないからだそうだ。
 そして、そのMLBにしても先日の日本での開幕戦、日本のプロ野球とどこが違ったのだろうか? 東京ドームという場所のせいもあったのかも知れないが、日本のプロ野球と何か違っただろうか? 強いてあげるなら、鳴り物の応援が皆無で静かに見れたぐらいだろうか。単に選手が外国人ばかりという以外の違いが見出せない。そもそも、子供心にメジャーリーグといえばファミスタに出てきた物凄い連中である。おそらく記憶の中にある最も速い球はファミスタのらいあんの球である(多分、その次は巨人のガルベスが審判に投げた球)。そんな化物たちが試合をしてたのがMLBだと思ってたが、多くの日本人選手が活躍し、WBCで日本が優勝したようにレベル的には日本の野球でもいい勝負ができるようになっていたのである。

 まぁ、長くなったが、誰が何と言おうと、どれだけ人気が落ちようとプロ野球こそが基準なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

あなたが選ぶスポーツ名場面100選

 日曜日の番組だが、どうも釈然としない内容だった。
 夏川純が余計だったとかではなく、ここ最近の出来事ばかりが上位を占めていたからだ。まぁ、音楽番組で似たようなランキングを作ってもそうなるのだから仕方がないといえば仕方がない。最新のデータが反映されないのはアニメ関係のランキングぐらいである(笑)。

 ビビる大木さんが熱弁していたプロレスが入ってないのは仕方ないといえば仕方ないだろう。アレはスポーツかショーかと言われたら間違いなく後者だ(だからといってプロレスがダメだとまでいう気はないが)。
 だとしたら、フィギィアスケートはスポーツなのだろうか? フィギィア関係の出来事も多数ランクインしていたが、アレも純粋にスポーツと呼べるだろうか? 前々から思うが、スポーツというよりも芸術の方にカテゴライズしてもおかしくないのではないだろうか?

 極端な話、このようなランキングはアカデミー賞の各賞を廃止して、映画関係者全体で誰が一番素晴らしかったでしょう? と、言ってるようなものである。まぁ、俳優が圧倒的に有利な気はするが。
 それに、上位に多くランクインした最近の出来事、10年後に同じことをして果たして、どのぐらいの数が上位に踏みとどまっているだろうか? それと同時に、長嶋の引退や王のホームラン世界記録の瞬間はスポーツの名場面ではなく、日本史の出来事になっているだろう。

 打開策は二つ。
 一つ目は、アカデミー賞を例に出したが、何でもいいから細かい部門に分けること。スポーツでも年代でもいいから総合ランキングなんてモノにこだわらないようにする。
 二つ目は、視聴者投票でなく、限られた人間の会議によってランキングを作成する方法。談合と呼ばれるかもしれないが、信用に値する人間の決めたランキングなら、それなりに見ごたえのあるものになっているはずである。
 別に、これはスポーツに限ったことではない。特に、歴代アニメランキングと謳っておきながら、毎回毎回似たようなランキングばかりしか作れない連中は肝に銘ずべきである。

 ちなみに、個人的にはこのようなランキング付けは好きではない。というよりも、順番が付けれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

王子死して、王子生まれる

 事実は小説よりも奇なりとはよく言うが、実際に目の当たりにしたといえば、トリノ五輪の荒川静香さんの金メダルが記憶に新しい。
 ちょうど、トリノ五輪を意識して「銀盤カレイドスコープ」というアニメが放送されていたが、主人公はメダルにかすりもしなかった(でも、観客の反応は1番良かったというオチ)。

 そして、今、テニス界に錦織圭という本物の王子様が満を持して降臨した。
 それと同時に、マンガのテニスの王子様も終わりが近付いている雰囲気なのだから驚きだ。別にテニプリは真面目に読んでるわけでもないし、テニスだけは未だに理解できないので、細かい話はできないが、テニスマンガで乙女座のシャカの天舞宝輪を見ることになるとは思わなかった。
 テニスをやるウチの弟に言わせれば、テニスの知名度が低い時代にこそ成立したマンガがテニプリだったのだそうだ。
 テニプリをいつ終わらせようとしたかは、分からないが、一つだけ言えるのは、現実のテニスの王子様は只ならぬ運気というか天命を持っているような気がする。
 それこそ、甲子園に出れなかった関西方面の怪物とは違う何か大きなものを…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

怪物たちへの鎮魂歌

 楽天の怪物田中投手の2回ノックアウトという厳しいデビュー戦に続き、平成生まれ最初の怪物中田選手の大阪桐蔭も甲子園を敗退した。
 言い方は悪いが、彼らは怪物、それもあの松坂と並ぶ怪物と評されてもいいレベルだったのだろうか?

 松坂が98年の夏の甲子園に出たときのことはよく覚えてる。これでも松坂世代の端くれだからだ(ふと思うが、松坂世代という言葉が生まれるほど圧倒的だったか?)。
 準々決勝で勝ったとはいえ、17回も投げて次の試合でも投げれるわけがない。準決勝で負けるのだろうなと思っていたら、横浜高校は準決勝を投手松坂抜きで勝ち進み、松坂のノーヒットノーランで決勝を征し春夏連覇の快挙を達成してしまったのである。
 で、その翌年のプロデビュー戦、当時日ハムの片岡を155k/mで空振り三振に打ち取り、7回まではノーヒットノーランかという新人離れした投球をしたのは記憶に新しい(それでも8年前か)。

 何が言いたいかと言えば、怪物松坂には何かがあったとしか思えない。横浜高校の他の選手に失礼かもしれないが、準決勝で普通は終わっていてもおかしくなかったはずだ。
 去年の夏の甲子園、決勝で駒大苫小牧が勝っていれば、史上初の夏の甲子園3連覇の偉業が達成されていた。しかし、延長再試合になったとはいえ、田中投手はその偉業を達成することが出来なかった。春夏連覇と前人未到の3連覇では偉業の内容が違うかもしれないが、それが出来なかったということが、松坂と田中投手の決定的な違いだったのだろう。

 甲子園が開かれる度に怪物と呼ばれる球児たちが現れる。
 しかし、ゴジラが世に生まれて怪獣と呼ばれるもののイメージが大きく変わってしまったように、松坂という怪物が世に出てしまったことで、怪物というものも大きく違ったものになってしまっているのではないだろうか?(松坂の話なのにゴジラを例えに出すのはどうだろう?)
 ゴジラついでに、巨人で背番号55を付けようという身の程知らずがしばらく現れないように、甲子園の怪物という称号もみだりに使うものではなくなったのではないだろうか?

 松坂世代という言葉を生み出し、怪物の意味も変えてしまう松坂大輔。
 大リーグでどれだけ活躍するか予想も出来ないが、既に怪物という言葉で形容するような存在ではなく、松坂で通じる凄さを手に入れたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)