2010年12月23日 (木)

SHADOWMARU

 話題の齋藤智裕さんの「KAGEROU」であるが、そもそもアレにまともな書評が成立するのだろうか?
 某本を食べる妖怪風に言えば、「マツタケに泥がついたまま」「魚が切られずにそのまま入ってる」「お肉に火が通ってない」と昔やってた「愛のエプロン」に出た料理のような感想を言うことだろう(それでも遠子先輩はバケツに掛け込むようなことは絶対にしないだろうけど)

 「荒削り」という言葉があるけど、そんなレベルですらない。これは採掘場から岩石を持ってきただけである。
 ただ、皮肉なことにこのような小説だからこそ、ゴーストライターでなく本人が書いたものであると誰もが考えることだろう。
 正直、水嶋ヒロに対して何かを思うよりも、こんな小説を世に出した周りの人間に対して怒りを覚える。

 結婚で事務所と何かあったか知らないけど、人気俳優だった水嶋ヒロが作家になると言って消えた以上、その処女作はポプラ社小説大賞や2000万円の賞金という話題性が無くても十分な商品価値があったわけである。
だったら、もう1年ぐらい小説の修行をさせたり、プロットを煮詰めさすなりすべきだったのではないだろうか。
 小泉元総理が言っていた「米百俵の精神」の逆で百俵の米を一度で食べつくしただけだろう。

 そりゃ、出版不況という言葉はよく聞くけど、余りにももったいなさすぎないだろうか?
 68万部売れたか知らないけど、齋藤智裕先生の次回作が同じぐらい売れるとは誰も思わないだろう。一発屋なんてレベルでないただの特攻隊だ。しかも、ただの特攻ではない、ポプラ社小説大賞という賞も抱え込んでの特攻である。このレベルの小説が受賞するような賞に今後どれだけの価値があることか(賞の名前が変わったとしても)。
 まぁ、ポプラ社に余り良くない噂があるけど、この商売のやり方はそれを裏付けるような気がしてならない。
 
 余談だが、本当に売れて評価されてるというのなら、発売から1週間、映像化の話題がどこかから出てもおかしくないだろうか? それがないということは、どういう評価なのかは推して知るべしだろう。
 悪いが映像化できるとしても、「世にも奇妙な物語」の1エピソードぐらいの扱いが妥当な所だろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

Leaf・Princess・Violet

 海堂尊さんの「螺鈿迷宮」を読み終えたが、これは普通の小説でいいのだろうか?
 というのも、現実の医療問題に絡めているため、お堅い小説の印象を受けるが、キャラクターに関しては、もはやエロゲーと言っても過言ではない。

 まず、ヒロインの別宮葉子が幼馴染で若干ツンデレ気味ある。しかも、両親のいない主人公の母親代わりを自称しているのだから完璧だ。
 次に、天下の白鳥室長の唯一の部下氷姫こと姫宮。厚生労働省に主席入省し、医師免許と司法試験に合格するという才女でありながらかなり高レベルのドジっ子で、さらに看護士のコスプレをしている。
 最後に、桜宮すみれ。ネタバレになるので詳しく書けないが、完全なヤンデレだ。

 病院という一般の人間から馴染みのない世界は、ファンタジーの世界と何ら違いはないだろう。度々出てくる医療用語は「黄昏より暗きもの 血の流れより紅きもの…」のような詠唱と同じようなものだ。
 もし、レーベル以外でラノベを分類するのだとしたら、海堂さんのシリーズはラノベに分類されることは間違いないはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

……

 映画を見て随分経つが、やっと「チーム・バチスタの栄光」を読み終えた。
 で、引き続き「ナイチンゲールの沈黙」を読み進めていたのだが、物凄く気になることが出た。
 「チーム・バチスタの栄光」の時の術中死が偶然か人為的なものであったかに似てくることではあるのだが、「杉山由紀」という登場人物に関してである。
 結論から言えば、長門有希をモデルにしているとしか思えない。

 劇中、カエルの宇宙人と直接的な表現は避けているが、その影響を受けて口調を「~であります」にしてる子供が登場する。AQUAやハッスルだけでなく、桜宮市まで侵略してるんですね、軍曹。
 さらに、その子供アツシ少年が大好きなヒーロー・ハイパーマンの設定が妙に細かい。なんというか、元になっているウルトラマンに詳しくないと考え付かないような設定が見受けられる。まぁ、劇中の田口先生の言葉を借りれば、ウルトラマンやセブンぐらいなら普通に話せるだけなのかもしれないが。

 件の「杉山由紀」であるが、本を読んでいる。
 そして、看護師の浜田小夜とのやりとりが(文庫版上巻207P)、キョンの長門のやりとりにそっくりなのである。
 さらに、名前の由来は雪が降った日に生まれたからユキという名前にしたというエピソード。アニメで描かれるのは3期ぐらいになるかもしれないのに、アニメのOPには1カットだけ出たあのシーンである。
 偶然で片付けるには狙いすぎていないだろうか?

 それにしても、恐るべきは作者海堂尊。
 本職は現役医師であるらしいのに、その間に何冊も小説を書いて、更に涼宮ハルヒシリーズも読破していたりするようだ(長門の名前の由来は憤慨を読まないと書いてない)。

 どうでもいいが、今度の映画は「ジェネラル・ルージュの凱旋」になるそうである。
 「ナイチンゲールの沈黙」を途中まで読んで、その理由が何となく分かったような気がしたであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

アリソンとハルヒ

 昔、漠然と本屋で本を買おうと思ってラノベコーナーに来た時に、「そうだ、『涼宮ハルヒの憂鬱』ってのがアニメになるらしいから、今の内に原作を読んでおこうか」と思ってハルヒを買おうとしたら、あいにくその本屋では最初の憂鬱が売り切れていた。とりあえず、暇つぶし用に何か本をと思ってたので「キノの旅」と同じ作者だからという理由でその時は、「アリソン」を買った。

 そして、数年、その「アリソン」がアニメになって放送されているわけだが、先にシリーズを読破したのは何故かその時買わなかった涼宮ハルヒシリーズの方であった。ハルヒの1話を見たときに「これは急いで原作を読まないといけない」と思って全巻一気に買い揃えて、その勢いで読みきってしまったのだ。
 「アリソン」も決して面白くないわけではにのだが、ハルヒのような強迫観念というのは大げさだが、急がされるような何かはなかった。

 しかし、自分だけかもしれないが、ラノベ原作のアニメの場合、先にアニメを見てしまうと、余程のことがない限り原作小説を後から読もうという気にはなれない。例えば、「灼眼のシャナ」や「ゼロの使い魔」とか(釘宮ばっか)、面白かったけど、原作を読もうという気に何故かなれない(冊数が出てて時間やお金がかかるというのが大きいと思うが)。

 どうでもいいが、角川書店の夏の100冊に去年に引き続き「涼宮ハルヒの憂鬱」が選ばれていた。
 お難そうな表紙が並ぶ中、ポーズを決めるSOS団団長の姿は異様である。これが閉鎖空間というヤツなのだろうか? っていうか、これをきっかけにハルヒを読むのってどんな人なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

アレから1年

 本来、「涼宮ハルヒの驚愕」が発売されていたはずの日から1年が経った。
 異世界人の正体が明かされぬまま、1年以上経っているというわけだ。
 まぁ、どうしてこんなに伸びてるかは知らない。個人的には、来るべきアニメ2期との兼ね合いで伸びてると思いたいが…。

 ところで、全く関係ない話だが、アニメなどで最終回だけを見てないアニメというのが何本かある。
 少し思い出しただけでも、「チンプイ」「アーク・ザ・ラット」「十兵衛ちゃん」などなど。別に結末が気になって仕方がないわけでもないのだが、何か未だに引っ掛かっている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

漢の魂じゃない方のドリル

 という訳で、「ヘキサゴンドリル」。
 年末に手に入れようと思ったらどこの本屋も売り切れ。で、思い出した頃に本屋に積まれていたので購入。
 まぁ、全問解いたわけではないが、流し見する限り、1問1点で50問のペーパーテスト、普通の(?)人なら30点前後に落ち着くような問題だと思う。
 おバカ軍団の皆様はよくも1ケタ台の点が取れるものである。

 で、1問だけ気になった問題、「【四月一日】漢字でこのように書く名字は一般的に何と読むでしょう?」
 これを瞬間的に正解の「ワタヌキ」で読める人間は3種類しか存在しないと断言していいだろう。
 まず、自分を含めて身近に四月一日さんがいるという人。次に、変わった名字を調べるのが大好きで知っていた人間。そして、最後がマンガ(アニメ)の「xxxHOLiC」(ツバサの方でもいいけど)を知っている人間である。
 要するに、これは一般常識問題の皮を被ったマンガの問題といった方が正確なのである。これの他にも有名マンガの作者名を答えさせる問題も存在するので、間違ってはいないはずだ。

 ところで、ヘキサゴン本編のリレークイズで出された、「銅と錫(すず)の合金を青銅というが、英語で言うと何?」という問題、あのつるの剛士さんはその答えが「ブロンズ」であるということを知っていた。何故なら「聖闘士星矢」を読んでいたからだ。青銅聖闘士と書いてブロンズセイントと読むことを知ってれば、答えれる問題だったのである。多分、その気になれば絶対零度という解答の問題も答えれるはずである。
 っていうか、自分自身も理科で習うよりも先にカミュ先生から絶対零度の何たるかを学んでいたのである。あと矛盾という故事成語も国語で習うよりも先に紫龍が聖衣で実演してくれたものである。

 オタクは自分に興味のある知識しか持ち合わせてないという偏見を持ってる人間がいたら、それは大間違いである。
 興味のある知識を入れれば入れるほど、興味のないはずの知識もガンガン入ってくるのである。だから、気がつくとクイズや雑学に滅法強くなっていたりする。
 先ほどの「聖闘士星矢」一つをとっても、ギリシア神話に始まり、星座、故事成語、人間の五感、七つの海の内訳(七つの海という言葉は知ってても七つ全て言える人間は逆に少ないのではないだろうか?)など、星矢本編とは関係ない知識が大量に身についてしまう。
 
 マンガでこれなのだから、それよりも情報量の多い活字の本を読めばどういうことになるか。
 そういう意味で、本を読めというのは間違っていないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

読書について

 唐突だが、時間が足りないのでラジオを聴きながらゲームをやったり、テレビの音を聞きながらマンガを読んだりということを普通にやっている。
 しかし、どういうわけか読書だけはそれができない。精々何か音楽を流しながらぐらいでしか、本を読もうという気になれない。
 何が原因かしらないが、自分の中では読書に対して、何か儀式のようなモノになっているようだ。

 まぁ、分析すれば、小説は文字を追うだけでなく、それを頭の中で構築して味わうものだから、五感を研ぎ澄まさないとそれができないからなのだろう。

 という訳で、新しい小説に手を出したいのだが、どうにも本の処理が追いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

真理に至る道

 文庫版「ローマ人の物語 終わりの始まり[上]」を読み終えた。
 今回は五賢帝の最後を飾る哲人皇帝マルクス・アウレリウスがメインの話なのだが、ふと面白いことを発見した。
 P81にマルクス・アウレリウスが師に送った手紙が紹介されており、そこには、哲学的な思考に行き詰った末、寝ることにしますという内容の手紙が書かれていたのだが、どこかで聞いたことがないだろうか?
 そう、これは「燃えよ!ペン」の炎尾燃の名台詞「あえて……… 寝るっ!!」と全く同じではないか。

 おそるべし、炎尾燃。彼はローマ帝国が誇る哲人皇帝と同じ地平に立っていたのである…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)