2010年11月19日 (金)

平野家物語1

 声優の平野綾ちゃんが事務所の現在の扱いに不満を漏らしたら、何故かヤホーのトップで扱われた。
 個人的に平野綾に対して悪い感情を持ってるわけではないが、とにかく冷静に考えて欲しい、多少でも最近のアニメに興味のある人間ならともかく、平野綾がこの程度のことでヤホーのトップで取り上げられるようなランクの人間なのか?
 自作自演というのは少し違う気がするが、ヤホーのトップになったということに関しては物凄く宣伝の臭いしかしないんだけどなぁ…。

 それにしても、最近の平野綾バッシングはどうなんだろう。グータンヌーボの発言でファンに見捨てられたのなら、それ以上叩かれるのはどうにも不自然ではないだろうか? いつもの妄想だが、これは平野綾個人よりも声優のテレビ番組への進出に対する反発ではないだろうか?
 どういう訳か、世間は声優の顔出し出演に対しては冷たい。アニメに対する偏見(?)がそのまま声優にも向けられていると言ったところか(まぁ、一昔前のウィキペディアには某芸能事務所の大物が声優がテレビに出ることを嫌っているから、テレビ出演がほとんどないとまで書いてあったけど)。あと、例えば涼宮ハルヒ役と言われた所で、涼宮ハルヒが理解できる人間が世間から見れば少ないというのもあるだろうけど(ドラえもんやアンパンマンと比べたらという意味で)。
 最近の平野綾の引き合いに出されるのが自分は声優ではないとアーティスト宣言をした椎名へきるであるが、あのアーティスト宣言も今考えるとよく分からないものである。アーティスト宣言なんてしなくても、声優のままアーティスト活動はできたはずである。邪推だが、アーティスト宣言しなければならない事情、もっと言えば、声優という肩書きが言い方は悪いが邪魔になる事情が存在したのではないだろうか。
 では、その事情を考えるとしたら、アーティスト宣言せずにアーティストとして大成功して去年は紅白歌合戦にまで出場した水樹奈々と比べてみればいい。西武ドームでまでライブをやって完全に椎名へきるよりも実績のありそうな水樹奈々だが、椎名へきるは出演したことのあるMステにはまだ出ていない。
 つまり、テレビの歌番組の出演は声優では敵わなかったのではないだろうか? 歌の大事典で林原めぐみも歌っていた記憶があるが、エヴァブームの流れと、トップ10入りの後押しがあったからだろう。

 少し話はそれるが、水樹奈々の扱いである。たしかに、歌手活動における実績は声優史上最強で間違いないだろう。しかし、彼女の扱いは、名誉アーティストでしかない。先程も挙げた西武ドーム公演やオリコンでの実績は、下手な歌手よりも上なので、名誉アーティストとして声優では受けれないはずの扱いを受けてるだけなのである。たまに勘違いして声優が世間に認められたと思ってる人間がいるが、大きな間違いである。
 NHKのMAGネットでの水樹奈々特集でもあったように、水樹奈々の歌手活動はどこかの浅野真澄先生の絵本作家活動と同じ、副業扱いなのである。

 声優がテレビに進出すると困るのは誰か? 今、テレビに出てる皆さんと関係者だろう。
 アニオタの身贔屓かもしれないが、声優の人気は下手なタレントよりも上だろう。平野綾はネット上で「トーク力がない」だの叩かれてるが、すべてのタレントがそれ以上のトーク力を持っているとはとても思えない。CDを出せばオリコントップ10入りできる声優だって最近は多いわけだし。
 つまり、平野綾という声優がテレビに出演し続けることで、第2第3の平野綾のテレビ進出を招き、確実に今、タレントが独占してる出演枠を取られるのである。
 もっとも、普通の声優の事務所はテレビ番組にコネがあるわけないだろうから、そんなすぐには声優が大挙してテレビに出ることはないだろうけど、災いの芽(?)は早く積むに限るのだろう。
 どうせなら、めちゃイケのやべっち寿司の後ろで平野綾だけテレビのポスターが映り込んでた頃に釘を刺すなりすべきだったのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

お菓子の家とゲーム博物館

 先日、伊集院光のラジオを録音しようとラジオを付けたら、杏野はるなというゲームアイドルが「自分の目的はアイドルとして売れることではなく、ゲームの博物館を作ることだ」みたいなことを真面目に話していた。
 いや~、ホント、寝言は寝て言えってヤツである。

 そもそも、ゲームの博物館が具体的にどういうものか知らないが、所謂、箱物になるだろう。
 箱物がどれだけ金を喰うかはニュースを見てれば理解できるだろう。まして、ゲームの博物館である。まさかゲームの博物館を標榜しておいて、ゲームソフトを並べて陳列するだけというわけにはいかないだろう。当然、実機でプレイできるようにしておかないと話にならない。
 具体的な計算をする術は知らないが、並の箱物の数倍の光熱費が掛ると考えても間違いではないだろう。

 アイドルがどれだけ稼げるか知らないが、良くてその光熱費程度の年収を稼ぐのが限界ではないだろうか?
 今までゲームに1000万使ったというのが自慢だそうだが、ゲームの博物館を建てるというのならケタが少し違ってくるのではないだろうか。

 要するに、ゲームの博物館というのはお菓子の家と同じレベルのお花畑思考に基づいた発想なのである。というか、お菓子の家の方がまだネタ(?)だと分かりやすいのでマシかもしれない。
 本気でゲームの博物館を建てる気なら、アイドル何かせずに新潟辺りに石油でも掘りに行った方が現実的なのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

声優泡ーど

 またこの季節になったが、アニメに興味のある人間以外に誰が存在を知っていることやら。
 今回の受賞で1番疑問なのは、歌唱賞の放課後ティータイムの中の3人。けいおん!を見れば分かるが、放課後ティータイムで実際に歌を歌うのは、唯と澪の二人だけである。果たして、歌唱賞をまとめて送るのに相応しいだろうか? 言い方は悪いが、物語の進行上、あずにゃんは放課後ティータイムとして活動してる期間が短いのに一まとめに受賞させても良かったのだろうか?
 ついでに言えば、声優の歌唱部門に関しては、数年前から水樹奈々さんの一人勝ちである。別に歌唱賞を受賞した3年前から衰えているどころか、去年はアルバムがオリコン1位をとり、西武ドームでライブをやり、紅白にまで出場したのである。話題賞で片付けるには無理が無いだろうか?

 それに、新人賞も意味があるのだろうか? たしか、デビュー5年以内が条件だったと思うが、受賞者は大体、何らかの作品で主役を演じた人間である。デビュー5年以内に主役を任された時点で、新人賞なんて挙げなくても十分な評価を受けていると思うのだが。それこそ、脇役でいい演技をして伸びしろがある人間を発掘する方が新人賞に相応しいのではないだろうか?

 とにかく、毎年のように書いてるが、声優を評価するのに今の声優アワードは相応しくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

向うのオタクさん

 ダウンタウンDXにお笑い芸人の天津のエロ詩吟じゃない方の向先輩も出演してたそうだが、前も書いたけど、オレの記憶にあの人がオタクだったという記憶はない。
 昨今、オタクを売りにする人間がいると、真性のオタかエセオタかということが重要になってくると思うが、少なくとも、高校の頃の向先輩がオタクだったという認識はない。直接、面識はないのでオレが知らなかっただけかもしれないが、廊下や図書室で学年を超えたアニメ談義をしてる中にはいなかったはずだし、あの人はオタクらしいという噂を聞くこともなかった。
 ちなみに、オレには高校時代、「終業式に出席せずに夏エヴァを見に行った」という武勇伝が存在するが、学校に行く前に映画館を覗いた事実はあるが、終業式には出席している。
 高校卒業してからオタクになったという不幸な可能性も考えられるが、エヴァブームを無事に乗り切ったのにその後でオタクになってしまうなんて、どれだけねぇ…。

 まぁ、後輩のよしみでオタクになりきる方法を教えるとしたら、オタアピールはしないことです。
 本当のオタクは自他共に認めるオタクとして普通に生活してましたから、自分がオタクであるということを必要以上にアピールしません。特に、求められてもいないのにマニアックな知識を披露したり、マニアックなコレクションを見せるのは愚の骨頂です。特別なことをする必要はないんです、オレが「黙ってれば、モテたのに」と女子に何度も言われるたように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

えのけん・注釈

 アニスパ内で放送されてるミニ番組「榎本温子の声優文化研究所」略して「えのけん」。
 声優榎本温子さん(以下、あっちゃん)が、アニラジの歴史や自分の声優活動を振り返っているが、注釈が必要だろうと思う。
 「エンジェリックレイヤー」で主題歌を歌わせてもらったあたりについてだ。

 当時、あっちゃんは声優界のシンデレラガールであった。えのけんでも触れていたようにカレカノでの主役等でかなり華々しくデビューしたし、声優の歴史的にも声優のファンだった世代が声優になる先駆けだったと思う。だから、多くのアニメファンが親近感を持ったのだと思う。っていうか、自分も持ってたし。
 で、そのあっちゃんがCDデビューするに当たって所属したのがエイベックスmode、エイベックスがアニメ業界に本格的に参入するために立ち上げたレーベルであった。
 ただ、このレーベルのプロデューサーがインタビューで「日本のアニメは海外受けがいいので、自社のアーティストをタイアップさせることで海外に売り込む手段にしたい」みたいな発言をして、アニメファンから大顰蹙を買ったのだから普通ではなかった。
 自社のアーティストを売り込むだけでなく、スタチャモデルとでも称すべきか、主演声優と主題歌による売り込みも行おうとした。多分、スタチャを蹴落としてアニメ業界も牛耳ろうとしてたんだろう(当時、ランティスはまだなかった)。その切り込み隊長に選ばれたのが、あっちゃんと当時大学生だった植田佳奈様であった。

 「エンジェリックレイヤー」の主題歌を担当したというのは、さらりと流せる部分ではない。 
 本人はどう思ってたかしらないが、会社的には第二の林原めぐみとして大々的に売り込んだはずである。どういう結果に終わったかに関しては、想像におまかせしておく。ただ、何年か前のラジオで、佳奈様は「明日で公式サイト終わりだから」と急に言われたことがあると言っていたが…。

 失礼な話だが、あっちゃんのこういう結果を見てると、声優がアニメファンだというのを公言すると、余りいいことがないような気がしてならない。
 つまり、親近感で応援する人間が多くつくかもしれないが、それを本人の力と誤認される(する)可能性が高いからである。
 まぁ、誰とは言わないが、過剰にアニメ好きアピールしてる女性声優の誰かさん、危ないと思うよ。
 悪いけど、昨今声優を目指すような子は普通にアニメ好きだと思うし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

ぴょんうー

 何故か、さんま御殿に池澤春菜嬢が出演してた。
 まぁ、声優名鑑で独り異彩を放つギリシア出身のお嬢様は伊達ではなかったということだろうか。

 しかし、冒頭で代表作を聞かれたときに答えたのは、ハム太郎のロコちゃんだった。
 ハッキリ言うが、世間一般に通じるという意味では、これ以上は無いと思う。「ケロロ軍曹」は知名度はあるかも知れないが、ケロロの部下のタママ二等兵の飼い主(?)の桃華となると見てる人間しか知らないだろう(番組でも、ハム太郎の飼い主役と言っただけで、ロコちゃんの名前は出してない)。

 声優マニア的に春菜嬢の得意な役どころは二重人格お嬢様だと思う。
 上記の桃華も二重人格お嬢様だったが、白眉は大空魔竜ガイキングの次期大帝プロイストだと思う。ラスボスとしての気品漂う台詞を言いながら突如狂気を前面に押し出した本性を見せたりとか、ホント、お疲れ様ですというぐらいの凄まじい演技だった。

 どうでもいいが、ホビージャパンに作例を載せてたMGサザビーもカードで買っていたのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

ひっそりと声優アワード

 第3回が発表されたそうだが、ニュースや新聞で取り上げてもらえたのだろうか?
 内輪だけにしか注目されなくなってしまっては終わりだろ。正直、アニスパとこむちゃに受賞者が出演しなければもっと悲惨なことになってただろう。

 まぁ、「どうして、あいつが受賞して、あの人が受賞しないんだ」という類の文句ならいくらでもあるだろう。個人的に言わせてもらうなら、スーパーロボット大戦Zでラスボスのジ・エーデルを演じた平川大輔さんが助演男優賞にノミネートされてないことだ。
 ガンダムシリーズ、マジンガー、ゲッターロボといった古今東西のロボットアニメの主人公たちを向こうに回してのあの存在感は十分評価に値するのではないだろうか?
 もっとも、真に評価すべきは世界中の人間からありとあらゆる言葉を以って憎まれた伊藤誠を演じたことだろう。

 あと、歌唱賞だが、声優アワードだからという理由でMay’nさんを除外しても良かったんだろうか?
 極端な話、M-1グランプリやプロレスのベストバウト賞を1人だけに渡してるようなものだろう。マクロスF関係から受賞者を出したいなら、真綾さんの受賞にでもした方が良かっただろうに。

 来年から各賞を廃止して功労賞を声優殿堂にでも名前を変えて殿堂入りの式典だけを盛大にやるだけでいいんじゃないのか?
 っていうか、2年前の新人賞受賞者で、最近あまり活躍してるように見えない人が既に出てるんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

「本気」と書いて「マジ」と読む

 世の中には本気モードと呼ばれる状態がある。
 アニメやマンガなどでは、外見上の変化によってそれを表現する場合が多いし、プロレスなどでは、普段使わない技を使用することで相手に敬意を表したり、試合を大一番であると観客にアピールしたりする。

 全然関係ないようだが、声優の平野綾ちゃん。
 一部のファンは、黒のロングだった彼女の髪が茶髪になり、ショートカットになる度に「遊んでるみたいだ」とか難癖をつけて反発してたようだが、アレは計算した上で変えてたのではないかというのが持論である。
 というのも、細かい時期には誤差が出るかもしれないが、ハルヒ以降、代表作になるであろうアニメの時期とイメチェンの時期が重なっていないだろうか。個人的に、黒髪ロングがハルヒ(TVCMにもその髪型で出演してた)、髪の色を変えてこなた、ショートカットにしてチコというイメージである。
 最初から推測だが、ハルヒの印象が強烈過ぎたために、その後何をやってもハルヒと言われないために外見の印象から変えているのではないだろうか?(ハルヒも曜日ごとに決まった法則で髪型を変えていたが) そんなことはないと思うが、ハルヒの2期が遅れているのは、綾ちゃんの髪がハルヒの頃の長さに戻るのを待っているからだったりするかもしれない(99%ないだろうけど)。

 で、つんく♂プロデュースでCDを出した今回のアニメに際して、髪型はどうなっていただろうか?
 ほとんど変わっていない(と思う)、チコ状態のままである。これはもう、ネイルをいたぶり殺した時のフリーザ、チョークスラムだけでピンフォール勝ちをするアンダーテイカー、一本角のままのUCガンダム、斬空波動拳が1発しか出ない豪鬼etc。

 本気にさせることができなかったプロデューサーのせいってことになるんでしょうかね?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ソレガモトメテイタ「笑い」ナノカ?

 中学生の頃のことである。
 新入生歓迎会で、「アタックNo.1」の歌に合わせてオカマっぽい踊りをした先輩がいた。感想に「気持ち悪い」みたいに書いたところ、学年集会が開かれるほどの大問題となった。
 その先輩は、「皆に笑ってもらえるなら、どんなことでもする」と言ってたそうだが、十数年が経ち、お笑い芸人になったその先輩は、何故かオタク芸人になっていた。

 それがあなたの求めていた笑いなのですか?

 それ以前に、あなたがオタクだということを知らなかった。
 高校の頃、真面目に終業式に参加してたのに、終業式をサボって夏エヴァを見に行ったという噂が立っていたほどのオタクだったオレが知らないだけで、隠れオタクだったんですかね? それとも、中学の時に本当はオカマじゃないけどオカマ踊りをしてたように、オタクでもないのに笑いを取るためにオタクをやってるんでしょうか? 後者だとしたら、あの時とほぼ同じ言葉を送りますよ、“見てて恥ずかしくなってきた”。

 オタクの真似したところで買うのは失笑か、バカにされた笑いですよ。本当に笑いが取れてるなら、どうしてテレビに相方ばかり出てるんでしょうか?
 中学の時は、「一生懸命やってる人間を気持ち悪いというのは何事だ」と叱られましたが、あなたは今、一生懸命オタクをやってるのでしょうか?
 昼に偶然見たテレビに映ってた目は死んでるように見えました、新入生歓迎会でオカマ踊りをしてた時は、随分楽しそうに見えたのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

答え:6通り

 何が6通りかはさて置いて、今週のヘキサゴンで上地さんは1つだけ間違いを犯してしまった。
 「ほぼ正解」を「ホモ正解」を聞き間違えた際、「オレはホモじゃね~」と言ってしまったことだ。

 おそらく、この発言で女性ファンの何割かが失望したに違いない。
 ナポレオン皇帝即位の報を聞いたベートーベンが「ナポレオンに捧ぐ」というタイトルを消したように、夏コミの原稿を破り捨てた腐女子がいたのではないだろうか?
 多分、羞恥心ファンの女性の何割か(某マンガの大野さんの言葉を参考にすれば全員)は、羞恥心をそういう眼で見ているはずだ。
 男のオレには理解したくない世界だが、それが妄想世界の現実なのだろう。

 しかし、羞恥心の勢いは恐ろしい。
 来月に2枚目のCDを出すことよりも、予選ペーパーテストでおバカ軍団の中から頭1つ抜けつつあった野久保さんに絵心のなさという新しい才能(?)が開花したことである。
 野球バカという点で上地さんとキャラが被っていただけに、絵心のなさというのは必ず武器になることだろう。
 冒険王ビィトでビィト戦士団をシャギーが「常に予想外の伏兵が潜在力を爆発させ紙一重の状態から逆転し続ける!!」と評していたが、今の羞恥心にはそれに近いものがある。

 ちなみに、タイトルの問題は「羞恥心で2人組のカップリングを考えた場合、何通りの組み合わせができるでしょう?」 だが、彼らには解くことができるだろうか?(受けと攻めが違うと言うことを知らないといけないしねぇ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)